実は、滋賀県で最も高い建物?エレベーター会社の研究塔。 【2017年08月 滋賀県彦根市】
2017.08.22 Tuesday 00:00
東海道本線・彦根〜米原間の車窓にて。
以前から気にはなっていたのだが、最近になって、あのひょろ〜んと高い建物は、エレベーター会社の研究塔であることを知った。

実は、滋賀県で最も高い建物らしい。
工場見学の一環で、塔のてっぺんに登れたら面白いのに・・・と思ったりした。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| まちおこし編集長 | 滋賀県彦根市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.493】 「近い過去」によって書き換えられていた「遠い過去」。歴史の真実や如何に?
2017.08.21 Monday 00:00

2017.08.21

昨今、この国では歴史の教科書の「書き換え」が随分のメディアを賑わしています。

 

有名なところでは、鎌倉幕府の成立が1192年から1185年になったり、長い間、聖徳太子や足利尊氏の肖像とされていた絵に疑問符がついたり。。。

 

これらの多くは、近年になって歴史的な研究が進んだ結果・・・なのですが、裏を返せば、「遠い過去」がいかに「近い過去」によって書き換えられていたのかが分かります。

 

そしてこの「書き換え」には、大きく分けて3つあるように思いました。

 

1つ目は、新しい歴史的資料が発見されたり、既存の歴史的資料のより深い考察によって、より客観的な類推が進んだりした例。

 

2つ目は、「近い過去」の政権・為政者が、自己の正当性を主張するため、「遠い過去」を故意に改ざんしていたことが発覚した例。

 

3つ目は、時の政権・為政者の意思とはあまり関係ないところで、民衆のヒーロー待望論や魔女狩りに近い機運によって、正義の味方や悪役に祭り上げられた人物などが、プラス・マイナスの両面で再評価された例。

 

もちろん、何れの例も、江戸・明治の世に「振り返ってみた過去」としての中世や古代と、昭和・平成の世に同じく「振り返ってみた過去」としての中世や古代では、そもそも振り返った時点という「調査時点」が全く異なっているため、「後の世の評価」が変わってくるのは当然と言えるでしょう。

 

しかし、注意しなければならないのは、2つ目と3つ目です。

 

歴史を歪曲していると非難を浴びることが多い(とされている)日本の教科書ですが、少し前、米・スタンフォード大学による調査結果が話題となりました。

 

その調査結果とは、意外や意外(笑)、日米韓中台の比較研究で、一番公平なのは、日本の歴史的教科書だと言うものです。

(読売新聞などを出所とする2次情報があまりにも出回り過ぎているので、あえてソースは記載しませんが)。

 

まあこれとて、どれだけ公平な調査を行ったのかについては、疑問を持つべきだとは思いますが、それにしても、「日本の教科書が最も愛国的技術がなく、戦争の賛美など全くしていない」と言い切っているあたりは、当時の日本人からすれば、目から鱗に近い?感覚だったことでしょう。

 

ただ、この調査結果を見る限り、日本に対して歴史の歪曲だ!と言っている日本以外の国の教科書は、2つ目と3つ目の要素を相当程度「都合よく操作している」と、と思った方が良さそうですね。

 

それらの国の教科書を直接見たワケではありませんが、とくに2つ目の要素については、「そうしなければならない事情」が容易に類推できてしまいます。

 

日本の教科書が完全に公正だとは言いませんが、他国の教科書を全て真に受けるのも危険だということだけは確かでしょう。

 

このお話も長くなりそうなので、とりあえずこのへんにしておきます。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 「宮崎観光ホテル」は今や、大淀川沿いに「現存」する数少ないホテル。新婚旅行ブームに沸いた頃の「残り香」を辿る。 宮崎県宮崎市
2017.08.18 Friday 00:00

【PR記事 2017.08.18 一度は泊まってみたい宿】
「宮崎観光ホテル」は今や、大淀川沿いに「現存」する数少ないホテル。新婚旅行ブームに沸いた頃の「残り香」を辿る。 宮崎県宮崎市


 

今や歴史的な過去?になってしまったが、昭和30年代から40年代にかけて、宮崎は新婚旅行のメッカだった。

両親の世代からすれば、当時の宮崎は、ハワイのような存在だったに違いない。

 

個人的に、この地に初めて足を踏み入れたのは、昭和50年代後半。

その時点で、既に新婚旅行ブームは過去のものとなっていたものの、人口20万人規模の「普通の県庁所在地」とは明らかに雰囲気が違っていたことを、子ども心に覚えている。

 

それは、トロピカルな街路樹など、視覚に直接訴えかける景観もさることながら、かつて新婚旅行のメッカだった頃の、言わば「残り香」のような空気によるものだった。

 

とくに、市内のほぼ中心部にあって、川幅ギリギリまで水面を湛える大淀川に沿って建つホテル群は、当時はそんな言い方はしていなかったとは思うのだが、まさに「リゾート都市」の景観そのものだった。

 

いわゆる温泉街でもなく、海岸や湖沼の畔といった景勝地でもない、言ってみれば普通の「マチナカ」に観光系のホテルが建ち並ぶ景観は、宮崎市という「県庁所在地にして観光都市」を象徴する景観だったに違いない。

 

 

しかし、時の流れは残酷だ。

大淀川沿いに建ち並んでいた観光系のホテルは、次々と廃業。

現在、その跡地を埋めるようにして建ち並んでいるのは、ホテルではなくマンション群だ。

 

そんな中、建ち並ぶマンション群の埋もれるかのうように「現存」しているのが、宮崎観光ホテルである。

 

そしてこのホテル、後ろ向きに「現存」しているだけではなかった。

現存のホテルとしての原型が産声を上げたのは昭和30年代だが、昭和40年代と平成初頭に新館を増築、さらに近年に至るまで、改装などの「投資」を怠っていない。

新婚旅行ブームは遠い過去となり、同業のホテルが姿を消していく中、大淀川沿いのこの一画では「孤軍奮闘」というか、「一人勝ち」している印象さえ受ける。

 

もちろん、ブームが去っても常に変化を続けてきた、同ホテルの「経営努力」は賞賛されるべきだろう。

しかしそれでも、個人的にこのホテルに求めてしまうのは、過去の「残り香」なのである。

 

大変失礼な言い方になるが(笑)、このホテルには「現存」している間に一度は泊まってみたいと思った。


詳細・予約は
宮崎観光ホテル


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 宮崎県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マグロ大学って言うてるヤツ、誰や? 【2016年05月 大阪府大阪市】
2017.08.17 Thursday 00:00

近鉄・阪神の大阪難波駅にて。
階段の頭上に、某大学の非常に人目につく大きな看板があった。

大阪に来ると、なぜかこの種の看板やポスターに、ついつい目が行ってしまう。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 大阪府大阪市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.492】 「まちおこし」事業で、なんでもかんでもクラウドファンディングに頼るのは危険?
2017.08.16 Wednesday 00:00

2017.08.16

ご承知のとおり、昨今は「まちおこし」に関連する事業に限らず、何らかの新規事業の立ち上げや既存事業の改善に際して、小口の「投資」を集める「クラウドファンディング」が花盛りです。

 

目標とする金額が集まり、順調に事業を遂行している例も少なくありません。

 

ただ、このクラウドファンディング、「投資家」に対し金銭的なリターンを配当する、という明快な仕組みではないところに、大きな落とし穴があるような気がします。

 

クラウドファンディングで「配当」されるリターンを見ると、当該事業によって算出された商品やサービスそのものの提供であったり、商品やサービスではなく「記念品」的なものの提供であったり、場合によっては当該事業に対する一種の「参加券」だったり、様々ですよね。

 

しかしそこに共通しているのは、「分かりやすい金銭的な配当」ではなく、投資家が自己責任で判断する「自己満足」的な要素が非常に強いという点です。

 

実際のところ、クラウドファンディングに投資している人は、投資家というよりは、ボランティアに近いと言えるでしょう。

 

確かに、「この事業に参画し、育てた」という「自己満足」は、金銭的な価値では測れないでしょうし、金銭的な配当が無いにしても、参画によって得られた経験や人脈は、のちのちなんらかのカタチで「換金」される可能性だってあるかも知れません。

 

だからこそ、人々の「共感」や「善意」のようなものを大前提とした投資であるクラウドファンディングには危うさを感じるのです。

 

中には、人々の「共感」や「善意」を故意に食い物にしようとする輩も出てくるでしょうし、故意ではないにしても、結果的に人々の「共感」や「善意」を一方的に利用するだけ、という事業だってあり得なくはないでしょう。

 

多くの場合、人々の「気持ち」をつなぎとめるだけで事業が遂行できるほど、甘くはないはずです。

 

そして昨今、さらに気になるのは、比較的少額の自己資金ですら、最初からクラウドファンディングで集めようという発想がまかり通っていること。。。

 

事業の内容にもよるでしょうけど、クラウドファンディングが「安易なお金集め」の手段になっているとしたら、クラウドファンディングで資金を募集するという行為自体に「怪しい商売」という悪いイメージが付きかねません。

 

非常にドライなようですが、「気持ち」の部分以外で、双方が納得いく「利害関係」を分かりやすいカタチで明示できないようであれば、クラウドファンディングでおカネを集めたり、投資したりすることは止めたほうがよろしいかと。。。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/396 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM