【編集長のつぶやき vol.464】 改札の「外」で食べる「駅弁」。駅弁の「お土産」化、「お持ち帰り」化が始まった?
2017.05.01 Monday 00:00

2017.05.01

このサイトでは今年3月27日、ニッポンが誇る、百花繚乱の「駅弁」。一方で、「駅弁」と「普通の弁当」のボーダレス化も始まっていた?というお話をしましたが、今回はその続きです。

 

先日、取材の帰りに、駅弁を2回購入する機会がありました。

ひとつ目は、自身の少し早い時間帯の夕食として、新幹線の車内で消費するために購入。

そしてもうひとつは、終点・東京駅で、家に持って帰るための「お土産」として購入したものです。

 

さて、この2回にわたる購入、実は、以前にお話しした「駅弁」と「普通の弁当」の「ボーダレス化」を象徴する?出来事でもありました。

 

ひとつ目に購入した駅弁は、駅の建物内ではありましたが、改札の外、つまり、鉄道に乗車しなくても買える環境で購入したものです。

その中身は、いかにも?駅弁チックな内容のため、近所の人が「普段使い」で購入する可能性は低いでしょう。

とは言え、列車の中で食する弁当を、言わば「普通の弁当」と同じ環境で購入したワケです。

 

 

一方、「お土産」で購入したふたつ目の駅弁は、改札の中で購入したものです。

当然、改札内で購入された駅弁の多くは、改札内の列車内で消費されることでしょう。

 

しかし今回は違っていました。

その駅弁は、改札内で消費することなく、改札外に持ち出され、「家庭」で消費されたのです。

 

しかも、その「駅弁」とは、改札内で販売されていたにもかかわらず、パッケージも中身も、いかにも「駅弁」といった感じではなく、「ちょっとだけ贅沢な普段使い」といった感じでした。

ただ、価格については、中身のクオリティーを考えればお値打ち感はあったものの、「駅弁相場」の範囲内でしたが。。。。

 

言ってみれば、この日は、改札外で改札内用の商品を購入し、改札内で改札外向けの商品を購入したことになります。

 

駅弁を供給する側が、どこまで「駅や車内以外での消費」を意識しているのかは分かりません。

まあ、賞味期限や衛生管理上の問題があるとは思いますが。。。

 

しかしそれでも、「お土産」や「お持ち帰り」を切り口にすると、「駅弁」には、新たな可能性があるように思いました。

この続きは、またまた折をみてお話したいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 山中に忽然と出現する「計画都市」にあって、ある意味、「孤軍奮闘」する吉備高原リゾートホテル。 岡山県吉備中央町
2017.04.28 Friday 00:00

【PR記事 2017.04.28 一度は泊まってみたい宿】
山中に忽然と出現する「計画都市」にあって、ある意味、「孤軍奮闘」する吉備高原リゾートホテル。 岡山県吉備中央町

 

 

岡山県のほぼ中央部、岡山市内からはバスで1時間ほどの山中に「吉備高原都市」という「計画都市」があることをご存じだろうか。

この「計画都市」、自然環境などを活かしながら、福祉などの機能を充実させるという、先進的な取り組みのはずだった。

 

しかし現実には、計画のかなりの部分が凍結。。。

計画当初の「計画人口」には程遠く、少なくとも現時点では、明らかに「失敗」と言えるプロジェクトだ。

 

ここではあえてその「失敗」について語るつもりは無いが、その計画都市のほぼ中央にある吉備高原リゾートホテルには、「前向き」な関心を持ってしまった。

 

このホテルが「入居」する建物は、計画都市の中核施設「きびプラザ」内。

運営主体は第三セクターかと思いきや、地元に古くからあった民間企業のグループ会社である。

 

客室数は全室ツインで33室。

天井や壁などの内装には、温かみのある天然木を使用している。

「計画都市」の複合施設にありながら、当初からシティホテルではなくリゾートホテルを謳っていたところが面白い。

 

 

もちろん、計画都市内の交流の場(=シティホテル)としても機能はしているのだろうが、宿泊プランを見ると、いちご狩りやしいたけ狩り、ブルーベリージャム作り体験、バーベキューや乗馬の割引など、他所からの来訪者向けと思しき「リゾート色全開」の商品が一杯だ(笑)。

季節によっては、ホタル鑑賞地への往復送迎付きプランなどもある。

 

食事については、地元食材を使用したコース料理や会席料理など、「いかにもリゾートホテルらしい」商品を設定している一方、ランチ・ディナーとも税込1,080円という、この種のホテルのこの種の食事としては「破格」とも言えるビュッフェバイキングも提供している。

こちらは言わば、「産直市場」のバイキングレストラン版といったところだろう。

 

まあ、こうしたリゾート色全開の「観光コンテンツ」をどこまで欲するかは、訪れる人にもよるとは思う。

しかし、このホテルが立地する「計画都市」に所用は無くても、このホテルには泊まってみたいという「需要」は、ある種の「企業努力」によって十分に喚起されているように見える。

 

個人的には、仕事柄、この地で「計画都市」の現状について取材してみたいという「需要」はあるのだが、仮にこうした本源的な「需要」が無かったとしても、一度は泊まってみたいホテルだと思った。

詳細・予約は
吉備高原リゾートホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 岡山県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鹿児島市中心部の、おもちゃ箱をひっくり返したような一画。 【2015年08月 鹿児島県鹿児島市】
2017.04.27 Thursday 00:00
鹿児島市の中心市街地・天文館周辺の表通りに交差する通りにて。
言い古された表現だが、おもちゃ箱をひっくり返したような街並みに見えた。

一部、駐車場になっている店舗跡地もあるが、シャッター通りが当たり前になっている地方都市にあっては、かなり賑やかな印象。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| まちおこし編集長 | 鹿児島県鹿児島市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.463】 第三セクター鉄道は、新たな「鉄道資本」へと進化できるのか?
2017.04.26 Wednesday 00:00

2017.04.26

前回は、第三セクターの北越急行と佐川急便が協業し、貨客混載列車の運行を開始した話題を取り上げました。

要は、経営環境の厳しい第三セクターの鉄道にとって、一度は廃れたはずの「鉄道での貨物輸送」に、復権のカギがありそう、というお話です。

 

さて、このサイトではたびたび、瀕死のJR北海道や民間のローカル線、大都市圏の大手電鉄資本や、観光に特化したローカル私鉄資本?などについてつぶやいてきました。

今回話題として取り上げた第三セクターの鉄道も、個人的には、「基本的な構造」はあまり変わらないものと考えています。

 

おさらいになりますが、大手電鉄資本は、鉄度事業がもたらす大きな「外部効果」を、不動産や観光、流通などの事業で「内部化」することで一定の地位を築いてきました。

ローカル私鉄についても、大手電鉄資本に比べたら数は少ないですが、主に観光事業を「内部化」することで、鉄道事業という「本体」を支える構造となっている例は存在します。

 

また、民間の旅行会社が第三セクター鉄道の運営に乗り出し、「地域商社」を発足させた例や、ホテル事業会社がローカル私鉄の「テコ入れ」で成果を上げつつある例っも紹介しました。

 

さて、第三セクター鉄道ではどうでしょうか。

鉄度事業である以上、「外部効果」を「内部化」できる要素は多いはずです。

 

ただ、民間資本の私鉄と異なるのは、第三セクターとは言っても、実体は自治体が圧倒的な大株主であるということ。

株式会社である以上、利益を上げて配当を出さなければならない仕組みのはずですが、株主が株主だけに?コトは単純ではありません。

収益性よりも公益性が優先されるのは、ある意味、第三セクターの宿命とも言えるでしょう。

たとえ赤字でも、沿線自治体に「それ以上」の波及効果が認められるのならば、株主としてその赤字を補てんしてでも会社を維持する、という判断だって、あながち間違いではありません。

 

ただ、そうは言っても、赤字を垂れ流し続けるワケにはいきませんよね。

 

となると、当該の第三セクター鉄道を存続させるべきか否かという議論は別として(廃止してバス転換した方が合理的という場合だってあります)、第三セクター鉄道における「外部効果」を「内部化」する試みや努力は、まだまだ少なすぎるような気がします。

 

大株主が自治体という特殊事情があるにしても、現在、多くの第三セクター鉄道が展開しているのは、乗車券や旅行商品を販売する旅行業や、駅の敷地を利用した駐車場程度。

不動産業や観光事業など、比較的内部化しやすい事業への「進出」はあまり見かけません。

 

もちろん、内部化しやすいとは言ってもビジネスである以上リスクは伴いますし、既存の民業を圧迫するという声もあるでしょう。

 

しかしそれでも、鉄道会社の信用と知名度、その先にある「ブランド力」を生かさない手はないはず。。。

事業ノウハウや人材が無いというのであれば、外部の民間企業に委託するか、場合によっては買収するくらいの英断があってもよさそうなものです。

 

こうした意味からすれば、現在、自治体主の第三セクターは、官民一体の「本当の意味での第三セクター」への進化が問われていると言えるでしょう。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
実は、「M78星雲光の国」と姉妹都市を締結していた須賀川市。 【2016年08月 福島県須賀川市】
2017.04.25 Tuesday 00:00

JR須賀川駅の構内にて。

須賀川市とM78星雲光の国が姉妹都市であることを初めて知った。


姉妹都市締結の調印の際、須賀川市側は市長が出席したとは思うが、光の国からは誰が出席したのだろうか。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 福島県須賀川市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/382 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM