【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 あくまでも「洋菓子・パン屋」が本業の「ホテルケーニヒスクローネ神戸」。それでも「スイーツ食べ放題の朝食」は泊り客の特権。 兵庫県神戸市
2017.12.15 Friday 00:00

【PR記事 2017.12.15 一度は泊まってみたい宿】
あくまでも「洋菓子・パン屋」が本業の「ホテルケーニヒスクローネ神戸」。それでも「スイーツ食べ放題の朝食」は泊り客の特権。 兵庫県神戸市
 

弊社のニュースサイトやPRサイトでは、様々な意味で「まちおこし」に深く連動する「兼業系の宿」というのをよく取り上げている。

 

それらの多くは、いわゆる農家民宿や漁師宿といった「6次産業化」の文脈で語られる宿なのだが、実はこうした「兼業系の宿」、6次産業化によるものだけではない。

 

ざっと知りうる限りの例を挙げてみると、「宿屋」を兼業している業種は、「蕎麦屋」「寿司屋」「染物屋」「造り酒屋」「ワイナリー」「窯元」など多岐に及ぶ。

 

もっとも、「宿屋」という業種自体、完全に素泊まりの宿でない限り、規模の大小を問わず、飲食店や宴会場、結婚式場や各種レジャー施設などを必然的に併設する「複合事業」だ。

 

兼業系の宿の中でも、飲食店が宿屋を兼業する例は言わば自然の流れだし、そもそも割烹旅館やオーベルジュに至っては、兼業という概念すら無いであろう。

 

※写真は報道資料より

 

となると、「洋菓子・パン屋」が兼業する「ホテルケーニヒスクローネ神戸」には、一見すると、何ら「違和感」を感じないかも知れない。

 

ちょっとした規模のシティホテルであれば、直営もしくはテナントのベーカリーやスイーツショップは普通に存在するし、ビジネスホテルクラスであっても、「焼き立てのパン」や「デザート用のスイーツ」を売りにしている例は珍しくないからだ。

 

しかし、このホテル1階部分にある「洋菓子・パン屋」は、ホテルの付帯施設としてのベーカリー・スイーツショップでもなければ、「焼き立てのパン」や「デザート用のスイーツ」を宿泊客専用に提供している朝食限定のレストランでもない。

あくまでも本業は「洋菓子・パン屋」なのである。

 

しかも洋菓子・パンの激戦区として名高い?神戸にあってかなりの人気店らしく、ランチに至っては早い時間帯から行列ができるという。

 

もちろん、「付帯施設」であるホテルに泊まらなくても、この店のランチは食べることはできるのだが、「スイーツ食べ放題の朝食」は宿泊客の特権だ。

やはりこの「お店」には泊りがけで行ってみたいものである。

 

ただ、ここの場合、「お店」も「ホテル」も、基本的にはほぼ「女子仕様」なのである。

男子1人旅、もしくは男子のみのグループで利用するには、かなりの抵抗を感じるはず。。。

 

神戸には、またひとつ、苦楽を共にしてきた妻と一緒に泊まってみたい宿が増えてしまった(笑)。


宿泊予約は

ホテルケーニヒスクローネ神戸

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 兵庫県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
駅前で、壁のように立ち並ぶマンション群。 【2017年08月 滋賀県栗東市】
2017.12.14 Thursday 00:00

JR栗東駅前にて。

駅前へ通じる通りに向かって壁のように立ち並ぶマンション群。

いかにも大都市近郊のベッドタウンという感じだが、このまちが「町」から「市」へ昇格したのは2001年のこと。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 滋賀県栗東市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.524】 ホテルによる本格的な「逆6次化」が始まった?リゾートホテルが大規模な「いちご農園」を併設。
2017.12.13 Wednesday 00:00

2017.12.13

先日、弊社のニュースサイトで、非常に気になる情報を掲載しました。

それは、京都府北部の景勝地にあるリゾートホテルが、いちご農園をオープンするというものです。

 

その規模たるや、間口8mに全長30mのハウスが6棟。
1棟あたり全長27mに6レーンあり、6棟に換算すると全長972mにも及びます。

 

既存のテニスコート跡地(約1,440屐砲箸いΑ広大な敷地があったからこそ実現できた農園ではありますが、家庭菜園の延長?的な観光農園のレベルではなく、いちごの生産・販売だけでも十分に「商売になる」規模に思えました。

もちろん、京都府内のホテル併設型のいちご農園としては最大規模です。

 

実際、「いちご狩り観光」の場として活用するだけでなく、収穫したいちごをデザートとして提供する特別プランや、「ストロベリービュッフェ」なども設け、地元食材と組み合わせた特別メニューなども提供するとのこと。

 

 

通常、6次化と言えば、1次産業(農業・漁業)を、2次産業(食品の製造加工)・3次産業(食品の小売や飲食、宿泊業)へ拡大させる方向を指しますが、今回オープンするいちご農園はまさにその真逆で、3次産業が1次産業や2次産業にその領域を拡大しています。

逆6次化と言えるかも知れません(笑)。

 

もちろん、農家民宿や漁師宿、観光農園併設の宿泊施設は、以前から存在はしていました。

 

ただ、宿泊予約サイトなどで検索すれば分かりますが、農家民宿や漁師宿に比べ、観光農園併設の宿泊施設は圧倒的に数が少ないです。

 

また、宿泊施設によっては、「いちご狩りプラン」など、観光農園とタイアップした宿泊プランを提供している宿は少なくないのですが、その多くは宿泊に観光農園のチケットが付いているだけで、現地まではマイカーかレンタカーで行って下さい、という、なんとも味気ないものが殆ど。。。

 

地方では、国内観光客・インバウンド観光客を問わず、フードツーリズムやガストロノミーツーリズムが観光振興の起爆剤のひとつとして標榜される中、個人的には、この現状はなんとかならないものか、と常々思っていました。

 

よって、一定規模のリゾートホテルが、敷地内にこれだけの規模のいちご農園をオープンするというニュースは、個人的には「待ってました!」という感じす。

 

こうした「逆6次化」の動きには、今後も注目していきたいと思いました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧態依然?の街並みに、比較的新しいマンションが混在。 【2014年09月 長崎県大村市】
2017.12.12 Tuesday 00:00

JR大村駅近くの交差点にて。

角地に建つ古き良き?時代のビル1階はバスターミナルになっていた。

やや旧態依然の街並みに、比較的新しいマンションが唐突に混在する景観は、現代の地方都市そのもの。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 長崎県大村市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.523】 「低迷」「迷走」を続ける大手ファストフード「M社」。その下地は、創業当初からのビジネスモデルにあった?
2017.12.11 Monday 00:00

2017.12.11

今世紀?に入って以降、この国では、大手ファストフード「M社」の「低迷」と「迷走」が長らくマスコミを賑わせています。

 

その多くの論調は、カリスマ型の創業者「F氏」の手を離れ、本家である米国流の経営手法が災いしたためだとか、時代の変化を読めず、消費者のニーズを見誤ったとか、様々な不祥事が影響しているといった感じでしょうか。

 

こうした個々の指摘については、いちいちもっともだとは思うし、短期的な分析という点では間違っていないとは思います。

 

しかし、それが転じて、F氏の再評価や礼賛に繋がっているのは、なんだか的外れな気がしました。

 

確かにF氏は、米国の本家と対等に渡り合い、日本最大のファストフードチェーンを短期間で構築したワケですから、その「功績」は計り知れないくらい大きかった、と言えるでしょう。

当時は珍しかったアルバイト社員の研修・教育や、徹底したマニュアル化など、日本の飲食業界に「革命」をもたらしたと言っても過言ではありません。

 

しかしその一方で、「ハンバーガーが不味いと言っているのはサルかチンバンジーである」といった発言や、使い捨ての容器を大量に購入することでコストダウンを図り、調理後10分(7分という話も)経った商品は容赦なく廃棄といった手法は、少なからず反感を買いました。

また、M社で勤務する非正規労働者の時給は、コンビニエンスストアなどと並び、「底辺労働者」を象徴する数値のように語られています。

 

まあ、「サルかチンパンジー」については、メディア向けにウケを狙った挑発的な発言だとは思いますが、それにしても下品ですよね。

F氏自身も、ハンバーガーよりもきつねそばが好きだとか言っていたようだし。。。

 

「調理後10分で破棄」については、実際のところ、かなり正確に需要を予測しているので、「捨てるほどの量はつくらない」ということらしいのですが、資源や食料の浪費を公然と?著作で述べているあたりは、正直、人格を疑います。

フードロスが社会問題となっている昨今、こんな発言を大っぴらにしたら、間違いなく「反社会的企業」の烙印を押されるでしょう。

 

また、「底辺労働者」として語られることの多いM社の時給や待遇については、そもそもブラック企業?が多い飲食業界にあっては決して悪くはなく、正社員に至っては、業務は過酷ながらも、業界内ではかなりの「高給」なのが実態らしいのですが、M社の時給が〇〇ということが語られること自体、「それにしても」という感じです。

 

つまるところ、M社は、残念ながら現在の日本では当たり前になってしまっている「回りま回って、多くの人を不幸にすることで利益を極大化するビジネスモデル」を率先して実行?していたようなものでした。

 

M社が「低迷」「迷走」する下地は、F氏の路線を否定して改革に臨んだとされる経営陣の「失政」以前に、そもそも「支持されない」「支持すべきではない」ビジネスモデルにあったと言えるでしょう。

 

余談ですが、我が故郷は、日本で一番最後にM社が出店した県です。

ソ連崩壊後のロシア・モスクワへの出店よりも後でした。

当時はその「ド田舎っぷり」を恥ずかしいと思ったものですが、今となっては、その事実は郷土の誇りですらあります(笑)。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/412 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM