【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 山中に忽然と出現する「計画都市」にあって、ある意味、「孤軍奮闘」する吉備高原リゾートホテル。 岡山県吉備中央町
2017.04.28 Friday 00:00

【PR記事 2017.04.28 一度は泊まってみたい宿】
山中に忽然と出現する「計画都市」にあって、ある意味、「孤軍奮闘」する吉備高原リゾートホテル。 岡山県吉備中央町

 

 

岡山県のほぼ中央部、岡山市内からはバスで1時間ほどの山中に「吉備高原都市」という「計画都市」があることをご存じだろうか。

この「計画都市」、自然環境などを活かしながら、福祉などの機能を充実させるという、先進的な取り組みのはずだった。

 

しかし現実には、計画のかなりの部分が凍結。。。

計画当初の「計画人口」には程遠く、少なくとも現時点では、明らかに「失敗」と言えるプロジェクトだ。

 

ここではあえてその「失敗」について語るつもりは無いが、その計画都市のほぼ中央にある吉備高原リゾートホテルには、「前向き」な関心を持ってしまった。

 

このホテルが「入居」する建物は、計画都市の中核施設「きびプラザ」内。

運営主体は第三セクターかと思いきや、地元に古くからあった民間企業のグループ会社である。

 

客室数は全室ツインで33室。

天井や壁などの内装には、温かみのある天然木を使用している。

「計画都市」の複合施設にありながら、当初からシティホテルではなくリゾートホテルを謳っていたところが面白い。

 

 

もちろん、計画都市内の交流の場(=シティホテル)としても機能はしているのだろうが、宿泊プランを見ると、いちご狩りやしいたけ狩り、ブルーベリージャム作り体験、バーベキューや乗馬の割引など、他所からの来訪者向けと思しき「リゾート色全開」の商品が一杯だ(笑)。

季節によっては、ホタル鑑賞地への往復送迎付きプランなどもある。

 

食事については、地元食材を使用したコース料理や会席料理など、「いかにもリゾートホテルらしい」商品を設定している一方、ランチ・ディナーとも税込1,080円という、この種のホテルのこの種の食事としては「破格」とも言えるビュッフェバイキングも提供している。

こちらは言わば、「産直市場」のバイキングレストラン版といったところだろう。

 

まあ、こうしたリゾート色全開の「観光コンテンツ」をどこまで欲するかは、訪れる人にもよるとは思う。

しかし、このホテルが立地する「計画都市」に所用は無くても、このホテルには泊まってみたいという「需要」は、ある種の「企業努力」によって十分に喚起されているように見える。

 

個人的には、仕事柄、この地で「計画都市」の現状について取材してみたいという「需要」はあるのだが、仮にこうした本源的な「需要」が無かったとしても、一度は泊まってみたいホテルだと思った。

詳細・予約は
吉備高原リゾートホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 岡山県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 高度成長期末期の「熱気」。「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。岡山国際ホテル。 岡山県岡山市
2014.08.04 Monday 08:00

【PR記事 2014.08.04 一度は泊まってみたい宿】
高度成長期末期の「熱気」。「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。岡山国際ホテル。 岡山県岡山市

 
ふとしたきっかけから、長い間、脳裏に焼き付いて離れないホテルがある。
岡山の市街地を見下ろす高台に立つ、
岡山国際ホテルもそのひとつ。

何がきっかけかと言うと、瀬戸大橋の開通を数年後に控えた1986年頃に発行された、岡山と香川の「明るい未来」を特集したMOOK本である。

この本、記事本編はさほど印象に残っていないのだが、各ページのサイドとフッダーに掲載された「広告」は、なぜか妙に印象深かった。

中でも、敷地全景の空撮写真が大きく掲載された岡山国際ホテルの広告は、「明るい未来」を体現したかのような、血湧き肉踊る?広告に見えた。

ただし、このホテルが開業したのは1973年。
地元の財界が主導して建設した「岡山の迎賓館」という位置付けらしい。

よって、開業の時期から言えば、決して瀬戸大橋の開通を当て込んだホテルではない。
建物の雰囲気はむしろ、オイルショック前に描かれた「明るい未来」なのである。

しかしそれでも、広告の写真からは、高度成長期末期の「熱気」のようなものが、来るべき「瀬戸大橋時代」へ継ぎ目なく受け継がれたかような雰囲気が読み取れた。

その「夢のホテル」はその後、経営破たんやリブランドなど、厳しい現実に見舞われた。
現存するこのホテルはもはや、過去の「夢のホテル」ではないのかも知れない。

「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。
リアルタイムで体験した「現代史」を確認する意味でも、やはり一度は泊まってみたいホテルである。


詳細・予約は
岡山国際ホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 岡山県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 倉敷美観地区の旅館くらしき。泊まり客までもが、歴史的景観と一体化する。旅館くらしき。 岡山県倉敷市
2012.10.12 Friday 06:00

【PR記事 2012.10.12 一度は泊まってみたい宿】
倉敷美観地区の旅館くらしき。泊まり客までもが、歴史的景観と一体化する。 岡山県倉敷市

 



倉敷と言えば、まるで映画のセットのような、白壁の古い街並みを思い浮かべる人が多いだろう。

実際の倉敷は、コンビナートの水島あり、ジーンズの児島ありと、多種多様な顔を持つ「連邦都市」なのだが、それでも、この限られた「美観地区」が、マチ全体を象徴する一画となっている。

そんな美観地区のほぼ中央にあり、まさにその「景観」のひとつとなっている宿
旅館くらしきは、やはり一度は泊まってみたい宿だ。

かつて、宿場町・妻籠で、通りに面した、まさに映画のセットのような古い民宿に泊まったことがある。

単なる泊まり客にすぎない自分までもが、歴史的景観と一体化したかのような、不思議な感動に包まれたのを覚えている。

この宿でも、恐らくそのような「不思議な感動」を体験できることだろう。


しかもこの宿、通りに面した「外見」だけでなく、テラスのある「中庭」など、泊まり客にしか分からない歴史的景観も内包しているらしい。

一休の口コミが両極端なところが気になったりもするが、それもある意味「人気旅館」のさだめなのかも知れない。


詳細・予約は
旅館くらしき
 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 岡山県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM