【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 東郷湖へ突き出した岬の先端と、橋ひとつで繋がった「出島」。「千年亭」は、キャッチフレーズどおりの「湖上に浮かぶ絶景の宿」。 鳥取県湯梨浜町
2017.10.06 Friday 00:00

【PR記事 2017.10.06 一度は泊まってみたい宿】
東郷湖へ突き出した岬の先端と、橋ひとつで繋がった「出島」。「千年亭」は、キャッチフレーズどおりの「湖上に浮かぶ絶景の宿」。 鳥取県湯梨浜町


 

ごく稀にではあるが、「平面上の地図」でその位置を確認しただけで、「思わず泊まってみたくなる宿」がある。

鳥取県湯梨浜町の「はわい温泉」にある千年亭もそのひとつだ。

 

「平面上の地図」だと、この宿は、東郷湖に突き出した岬の先端と橋ひとつで繋がった「出島」にある。

出島のすぐ手前には、同じく敷地内に小さな出島を有する望湖楼という宿があり、そのキービジュアルから広く知られるところとなったが、さらにその先にある千年亭は、宿の敷地全体が「島」だ。

この「唯一無二」の立地は何物にも替え難い。

「湖上に浮かぶ絶景の宿」というキャッチフレーズに、嘘偽りはないのである。

 

とくに、千年亭の横長に大きな窓がある角部屋からの景観は、まさに湖上に浮かぶ船そのものだ。

大浴場や露天風呂からも、湖と一体化したような眺望が体感できるように設計されている。

 

夕食には、松葉ガニや白イカ、鳥取和牛オレイン55などを使用した、華やか料理が並ぶ。

朝食では、シティホテルのオムレツならぬ、目の前で焼く「出し巻き卵」が食欲をそそる。

 

また、変わったところでは、敷地内には屋内ゲートボール場「オレンジ球場」があるほか、芝居小屋「三匹のこぶ座」などがあり、「出島の立地」以外にも「唯一無二」な部分も多い。

 

 

 

ちなみにこの宿、「千年」を謳っているが、その歴史は思いのほか新しい。

同館の初代当主が東郷湖の湖中より源泉を発見したのは約140年前、出島で同館を創業したのは約120年前。

何れも100年超が経過しているので、老舗と言えば老舗なのだが、ご承知のとおり、この国の温泉史からすれば、決して古い部類ではないのである。

 

なお、同館がある「はわい温泉」は、平成の大合併で湯梨浜町の一部となったが、それ以前は羽合(はわい)町という自治体に属していた。

かつては「新東郷温泉」と称し、自治体の名称に合わせ「羽合温泉」に改称、さらに近年になって「はわい温泉」に改称している。

 

「羽合」という地名自体は、それなりの歴史や由来ががあるものの、その読み方から「鳥取のハワイ」として話題になったこともあり、言わば対外的な観光アピールのために改称した格好だ。

 

さらに、少々マニアックな見方だが、この温泉の「倉吉市との位置関係」にも興味惹かれる。

 

JR倉吉駅からはわい温泉までは、送迎バスや路線バスで10分程度。

倉吉市の市街地はエル字型に南北に細長く、その市街地の北端からはわい温泉までは目と鼻の先だ。

 

かの有名な城崎温泉でさえ、平成の大合併で隣接する豊岡市に飲み込まれてしまったが、旧羽合町は、倉吉市への「編入」ではなく、湯梨浜町という「町村連合」を選択した。

 

比較的短期間で数奇な?運命をたどったはわい温泉と、その中でも異彩を放つ千年亭。

やはり一度は泊まってみたい宿である。


詳細・予約は
千年亭
 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鳥取県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 鳥取のマチナカに、突如切り取られたかのように出現する静寂の温泉郷「観水庭こぜにや」。 鳥取県鳥取市
2014.07.14 Monday 09:10

【PR記事 2014.07.14 一度は泊まってみたい宿】
鳥取のマチナカに、突如切り取られたかのように出現する静寂の温泉郷「観水庭こぜにや」。 鳥取県鳥取市

 


思いのほか知られていないようだが、鳥取市の中心市街地は実は「温泉の街」だったりする。
「県庁所在地の駅前」で天然温泉がある場所は、ココ鳥取だけらしい。

もっとも鳥取の市街地では、米子市の皆生温泉のように、中心市街地からやや離れた場所に独立した「温泉街」があるわけではないので、街自体に「温泉情緒」を求めるのは難しいかも知れない。

しかしそれでも、この街では、駅近くの普通のビジネスホテルに温泉大浴場があったりして、「外湯」を楽しむこともできるのである。

では、この「県庁所在地の駅前」という稀有な場所?で「温泉情緒」が楽しめる場所は全く無いのだろうか。。。

少なくとも、1ヶ所はあるようだ。

 

場所はJR「鳥取」駅から徒歩8分、山陰線の高架沿いの一画に建つ「
観水庭こぜにや」という料亭旅館がそれである。

創業は文政年間(江戸末期)というから、180年の歴史を有する老舗だ。
高架沿い・・・と言ってみたが、高架が開通する前どころか、山陰線自体が開通するはるか前からあったことになる。

もちろん現在では、建物自体は近代的なコンクリの建物に建て替わっているが、「観水庭」というネーミングどおり、庭園を囲んで配置された建物は、料亭旅館らしい和風の佇まいで、周囲の街並みを圧する?ような風格がある。

そして一歩敷地内に入れば、四季折々、季節ごとに異なる輝きを見せる庭園に、大温泉郷の巨大温泉ホテルを彷彿とさせる?大浴場や露天風呂。。。
昨今人気の貸切風呂なども充実しており、館内にはとても「マチナカ」とは思えない空間が広がる。

県庁所在地の「普通の街並み」に、突如切り取られた「温泉郷」が出現したかのような違和感。

よい意味でこのギャップを楽しむため、この宿には泊まってみたいと思った。


詳細・予約は
観水庭こぜにや

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鳥取県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 三朝温泉の「橋津屋 別邸 月代」。 鳥取県三朝町
2012.10.22 Monday 06:10

【PR記事 2012.10.22 一度は泊まってみたい宿】
三朝温泉の「橋津屋 別邸 月代」。 鳥取県三朝町

 



昨今はトシのせいなのか?「別邸」(離れ)という響き憧れる。

月並みの言い方だが、隠れ家感覚というか、別荘感覚というか、どうせ温泉旅館に泊まるなら、ポツンと離れた建物でボーッとしたい、と思うようになってきた。

さて、その「別邸」なのだが、鳥取県の三朝温泉に、なかなかよくできた間取りの宿を発見した。


橋津屋 別邸 月代(はしづやべっていつきしろ)である。1日1室のみ、広さ75屬箸いΑ△覆鵑箸碎埖瑤蔑イ譴澄

2012年8月にリニューアルしたばかりだという。

別邸の「寝室」は、畳間ではなくツインベッドの洋室なのだが、よい意味で洋風っぽくない。

縁側?は別邸の専用庭らしき場所に面している。

別邸内にある屋根付きの専用露天風呂は、専用庭を囲むようにエル字型に配置されており、その水面は縁側へと通じる外廊下?と同じ高さだ。

寝室と浴室の間には畳間もあり、布団を敷けば最大6人まで宿泊可能。しかしやはり、ココは贅沢に2人で泊まってみたいものである。

部屋食でない点が難点と言う向きもあるかも知れない。しかし「別邸」は、わざわざ本館から離れた一軒家へ「移動」するところに贅沢感があるようにも思えた。


詳細・予約は
橋津屋 別邸 月代
 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鳥取県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM