【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 安藤忠雄作品、美術館をリノベーションしたオールスイートのスモールラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」。 愛媛県松山市
2017.05.26 Friday 00:00

【PR記事 2017.05.26 一度は泊まってみたい宿】
安藤忠雄作品、美術館をリノベーションしたオールスイートのスモールラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」。 愛媛県松山市

 

 

仮に、何の前情報も無い状態で、このスモールラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」のキービジュアルを見せられたとしよう。

そして、このホテルの「からくり」を後情報で知らされたとき、多くの人は、「やっぱりそうだったのか」と思うに違いない。

 

その「やっぱり」とは、このホテルが「建築家・安藤忠雄作品」であるということ。

いわゆるコンクリート打ちっぱなしの空間に、ホテルの客室としては「決して普通ではない」間取り。

あまりにも陳腐な表現なので使いたくないのだが、そこはまさに「美術館のような空間」だ。

 

しかし、本当の「やっぱり」は、そこから先だった。

 

このホテル、「建築家・安藤忠雄作品」には違いないのだが、最初からホテルとして建てられたものではなく、そもそも「本物の美術館」だった建物をリノベーションしたものなのである。

 

普通に考えたら、美術館の建物と言えば、規模的にも構造的(窓や水回りなど)にも、同じような間取りの客室をある程度量産しなければならない「ホテル」へ転用することは、相当に難儀な工事?だったはずだ。

 

しかし逆に、この制約の多かったはずの「所与の条件」こそが、客室数わずか7室、しかも全室異なる間取りのスイートルーム、さらにこの客室数にして贅沢過ぎるとも言える食事処やプール、スパなどを完備した、極めて唯一無二性の高いホテルを生み出す「構成要素」だったのかも知れない。

 

 

まあ、この種の「デザイン」は、好き嫌いがはっきりと分かれるところだろう。

それに、「ラグジュアリー」には違いないが、「これみよがしの贅沢感」が鼻に突くという人だっているかも知れない。

 

それでもなお、「建築家・安藤忠雄作品」に泊まってみたい、と思ってしまうのはなぜだろうか?

 

「世界的な建築家の作品」で、しかも、他所ではなかなか見られない「奇抜なハコモノ」だから。

正直、こうした「一般論的な理由」によるところは大きい。

 

しかしそれ以上に興味を惹かれるのは、この極めて「尖がった作品」が、その土地に、その地の風土に、さらには文化に深く大きな楔を打ち込み、その楔から染み出るエキスのようなものが、その土地と反発しつつも、長い年月をかけて馴染んでゆく姿を、やや大げさに言えば、「歴史の目撃者」として体感したいからである。

 

よってこのホテルは、20年に一度?、定点観測的に泊まってみたい宿だと思った。


詳細・予約は
瀬戸内リトリート 青凪

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 愛媛県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 地上23階・355室規模。人口16万の今治に君臨する「大都市級」の本格的シティホテル「今治国際ホテル」。 愛媛県今治市
2014.10.27 Monday 08:45

【PR記事 2014.10.27 一度は泊まってみたい宿】
地上23階・355室規模。人口16万の今治に君臨する「大都市級」の本格的シティホテル「今治国際ホテル」。 愛媛県今治市


 

「一度は泊まってみた宿」を挙げる際、非常に分かりやすい例に、「街イチバンの、圧倒的なランドマークとなっているホテル」というものがある。

そもそもホテルという業態は、窓数を多く取る必要があることから、構造上、ある程度は高層の建物となる。

従って、中高層の建物が少ない中小都市では、マチナカにあるホテルは、必然的に景観上の「ランドマーク」にはなりやすい。

しかし、いかに背高ノッポの建物であっても、神社仏閣や城郭など、歴史的・文化的な意味での「ランドマーク」には、必ずしもなり得ないのである。

ただし、その背高ノッポぶりがあまりにも突出している場合は、歴史的・文化的な意味合いさえも包含してしまう(笑)。

例えば、人口約16万人、タオルと造船の街として知られている愛媛県今治市。
その中心市街地で圧倒的な存在感を有する
今治国際ホテルは、その代表格と言えるだろう。

1996年に現在地に移転オープンしたその建物は、地上23階。
しかも、ただ背が高いだけの四角い建物ではなく、三角帽子をかぶったような上層階に、縦のラインを強調した壁面という、一度見たら目に焼きつく外観なのである。

さらに「圧倒的」なのは、その外観だけではなかった。
館内には、レストランや結婚式場、プールやショッピングモールなどがあり、大都市にしか存在し得ない国際クラス?のシティホテルの様相だ。



正直、人口20万人に満たないこの街に、果たしてこれだけのキャパシティを満たす需要があるのだろうか?と思ったりもした。

しかしである。
このホテルは2011年には100室超を増床、355室規模という、四国最大級のホテルにさらに進化していたのだ。

ちなみに、このホテルを運営してるのは地元造船会社のグループ企業。
阪急阪神第一ホテルグループに属してはいるものの、基本的には大手全国チェーンのブランド名を冠した「支店」ではないのである。

もしこのホテルが、最初から大手資本の「支店」だったとしたら、歴史的・文化的な意味合いでのランドマークにまではなっていなかったかも知れない。

何故にこのマチにこのホテルが存立し、しかも拡大し得るのか、その「謎」を解き明かす意味でも、やはり一度は泊まってみたいホテルである。


詳細・予約は
今治国際ホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 愛媛県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 床下の部屋が丸見え?「あり得ない仕掛け」には降参!木屋旅館。 愛媛県宇和島市
2012.11.01 Thursday 05:40

【PR記事 2012.11.01 一度は泊まってみたい宿】
床下の部屋が丸見え?「あり得ない仕掛け」には降参!木屋旅館。 愛媛県宇和島市



昨今は、建物1棟を丸ごと借り切る宿が人気らしい。旅館の「離れ」しかり、貸し別荘やコテージしかり。

確かに、こうした「一軒家」の宿は、少々人数の多い家族旅行やグループなどでは、他の宿泊客をあまり気にせずに利用できるし、しかも料金を「頭割り」すると、案外割安だったりもする。

さらに昨今では、古民家や古い町家をまるごと「貸し切り」できる宿も珍しくなくなってきた。

宇和島市内にある木屋旅館も、明治末期に建てられた旅籠風?の旅館をリノベーションした、1日1組限定の「一軒家」の宿だ。

もともとは、政治家・犬養毅や作家・司馬 遼太郎など、名だたる偉人も宿泊した旧きよき旅館なのだという。

しかし、この宿を「一度は泊まってみたい宿」たらしめているモノは、その歴史というよりも、リノベーションされた「今の姿」である。

我ながら、写真を見てしばらく固まってしまった。。。

建物2階の床の一部が「透明なアクリル板」になっているのだ。当然、下を覗けば、1階の部屋が丸見えなのである。

 

「仕掛けた側」は、日本家屋が持つ水平方向の視点に、垂直方向の視座を生み出した、などとさらっと言いのけている。

これ以外にも、そんじょそこらの宿では「あり得ない」仕掛けが随所にちりばめられているらしい。

まさに「一本取られた」と思った。完全に降参である(笑)。。。


詳細・予約は
木屋旅館


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| まちおこし編集長 | 愛媛県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM