【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 長崎の魅力を発信する雑誌「樂(らく)」コラボ、自らがメディアとなったホテル「セトレグラバーズハウス長崎」。 長崎県長崎市
2017.09.29 Friday 00:00

【PR記事 2017.09.29 一度は泊まってみたい宿】
長崎の魅力を発信する雑誌「樂(らく)」コラボ、自らがメディアとなったホテル「セトレグラバーズハウス長崎」。 長崎県長崎市

 


小規模ながらもメディアの運営に携わっていると、公開・非公開を問わず、「プレスリース」というものが頻繁に送られてくる。

 

このプレスリリース、本来は、厳格な意味で「報道資料」「記者発表資料」であり、ネタによっては非常に重宝する「資料」だ。

 

しかしご承知のとおり、近年はネットリリース配信サイトを介し、あまりにもオープンに「ばら撒かれる」状況が長らく続いているため、プレスリリースの「情報源としての価値」は大幅に下がっている。

 

もちろん、無視するワケにはいかないが、どんなメディアでも、「出回りネタ」をわざわざ重用するはずがない。

 

しかし一方で、ホテル・旅館業界ではなぜか、一部の大手ホテルチェーンなどを除き、新規オープンやリニューアル・リブランドオープンといった「重要な情報」が、プレスリリースではなかなか「出回らない」という現実がある。

 

正式なオープン日が告知されることなく、「いつの間にかオープンしていた」という例も少なくない。

 

「いつから泊まれるのか分からない」ホテルや旅館を、一般消費者は一体どうやって予約するのだろう?と不思議に思ったりもするのだが、逆を言えば、こうしたホテルや旅館の「告知・PR戦略のようなもの」に興味を惹かれたりもする。

 

 

 

興味を惹く「告知・PR戦略のようなもの」。。。

このくだりから、あるホテルが思い浮かんだ。

 

2015年にリブランドオープンしたセトレグラバーズハウス長崎である。

仕掛け人は、神戸に本拠地を置くホテル運営会社・ホロニックだ。

 

このホロニックという会社、正式なオープン日をクローズにしているワケではなく、自社サイトでもプレスリリースを公開しているため、運営するホテルが「いつの間にかオープンしていた」ということはないのだが、長崎のこのホテルに関しては、一風変わった「告知・PR戦略のようなもの」を行っていた。

 

リブランドオープンの企画段階から、長崎の魅力を紹介する雑誌「樂(らく)」とコラボし、地元に根付いている文化や歴史の情報を発信。

ホテル自らが一種の「メディア」となった。

 

オープンに至るまでのストーリーは、30分にも及ぶインタビュー番組として、動画配信サイトで公開している。

この動画、よくまとまった内容故に、「綺麗ごと」に見えなくもないが、「樂」との取り組みや、地元産材を使用した家具の制作など、「記事」の素材としてそのまま使えそうな部分も多い。

 

人気観光地に立地するホテルである以上、宿泊客は基本的に「ヨソモノ」なのだが、長崎の人すら知らない「ホンモノの長崎」に出会えるホテルを目指しているという。

 

リブランドオープンから2年以上が経過した現在でも、このホテルは「メディア」としての機能を失っていない。

現在に至るまで、「歴史」や「食」など、長崎の様々な魅力を紹介するイベントを頻繁に開催しており、その訴求対象は「ヨソモノ」だけでなく、地元長崎の人にも向けられている。

 

本音を言えば、このホテルには「仕掛ける側」として一度泊まってみたいと思った。


詳細・予約は
セトレグラバーズハウス長崎

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 長崎県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 橋を渡ったその先に「ニッポンの南欧」がある?リゾートホテル「やすらぎの伊王島」。 長崎県長崎市。
2014.04.28 Monday 08:10

【PR記事 2016.11.06 一度は泊まってみたい宿】
橋を渡ったその先に「ニッポンの南欧」がある?リゾートホテル「やすらぎ伊王島」。 長崎県長崎市

 


久々に、「写真を見ただけで行ってみたくなった宿」を発見してしまった。
場所は長崎市伊王島。
島内の1,000屬良瀉呂帽がる「
やすらぎ伊王島」がそれである。

この伊王島というところ、「島」には違いないのだが、九州本土とは橋で繋がっていて、複雑に入り組んだ長崎湾全体を望む「半島」のような場所。

さて、その「行ってみたくなった写真」とは、実は宿そのものの写真ではなく、まずは島へ渡る「橋」の写真なのである。。。

島全体がこのホテルの敷地・・・という訳ではないのだが、未知なる世界?というか、非日常へのゲートウェイのように見えた。

もちろん、この国には同様の景観は他にも無いわけではない。
しかし、なぜだかこの写真には強く引き込まれた。


 

橋を渡ったその先のホテルの敷地には、真っ白い壁に赤茶色の屋根が印象的な「家並み」が広がる。

とんがった屋根が特徴の本館風の建物の周りに、コテージ風の「一軒家」が並ぶ景観は、あたかも「南欧の小さな街」を模したかのよう。。。

なお、島内にはコスタ・デル・ソルと称する?白い砂浜の海水浴場があり、島全体で「南欧」を演出しているようにも思えた。

敷地内には、リゾートホテルらしく、テニスコートなどがあるほか、割と日本風?な露天風呂を備えた天然温泉などがあったりもする。

そして客室は、天井の高いコテージや洋室のほか、外観に似合わず、しっかり和室もある(笑)。

しかし、どうせ泊まるなら「南欧」風の部屋で、橋を渡った先の「海外」を楽しみたいと思ったりもした。


詳細・予約は
やすらぎ伊王島

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 長崎県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 ひとつのホテルが、オランダの「街並み」を再現。ハウステンボスの「ホテルアムステルダム」。 長崎県佐世保市
2012.11.13 Tuesday 04:00

【PR記事 2016.11.06 一度は泊まってみたい宿】
ひとつのホテルが、オランダの「街並み」を再現。ハウステンボスの「ホテルアムステルダム」。 長崎県佐世保市




近年は、経営母体の「紆余曲折」が報じられることが多かった、ハウステンボス。
ご存じのとおり、現在は、HIS創業者・澤田秀雄氏による「立て直し」が上手くいっているらしい。

さて、ハウステンボスとその周辺には、ハウステンボス同様、ヨーロッパの伝統的な建築を忠実に再現した(とされる)ホテルがいくつかある。

いずれのホテルも、予想どおり?「日本離れした」外観と内装が特徴なのだが、その中でも
ホテルアムステルダムは際立って印象的である。

一見すると、単体のホテルではなく、通りに面して隙間なく並ぶ「街並み」なのだ。


古き良き時代のオランダの街に建ち並ぶ、伝統的な家の面影を再現したのだという。

外観はそのままに、内部は長年にわたって改装を重ね、やがて居心地のよいホテルに生まれ変わる、という「ストーリー」があるらしい。

しかも、ホテルのある場所は、ハウステンボスのほぼ中央、中世の風情が色濃く漂う旧市街地とマリーナの間。テーマパークゾーン内唯一のホテルという掟破り?の立地だ。

客室はスタンダードなツインで45屐

ローラ・アシュレイ仕様の部屋もある。

外観は複数の建物が連なっている形だが、さすがに中身はしっかりとひとつのホテルになっているらしい(笑)。

本家オランダからすれば、この街はあくまでも「レプリカタウン」なのだろう。

しかし、やがて年月が経ち、ハウステンボス自体が「歴史的建造物」となったとき、このホテルの「ストーリー」がどのように紡がれいるのか、楽しみではある。

歴史の目撃者?になるという意味でも、やはり、一度は泊まりたいホテルである。


詳細・予約は
ホテルアムステルダム

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| まちおこし編集長 | 長崎県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM