【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 鹿児島の市街地越しに錦江湾と桜島を望む「城山観光ホテル」。中心市街地すぐ裏手の高台に陣取る唯一無二の立地。 鹿児島県鹿児島市
2017.03.17 Friday 00:00

【PR記事 2017.03.16 一度は泊まってみたい宿】
鹿児島の市街地越しに錦江湾と桜島を望む「城山観光ホテル。中心市街地すぐ裏手の高台に陣取る
唯一無二の立地。 鹿児島県鹿児島市

まち一番のホテル。


「一度は泊まってみたい宿」の「条件」をひとことで表すとすれば、これほど分かりやすい表現は無い。

 

しかし逆に、何を根拠に「まち一番」のホテルを「認定」するのかは、実は簡単なようで難しかったりする。

 

同じ市内にあっても、いわゆるシティホテルなのか、リゾートホテルなのか、観光ホテルなのか。。。

老舗なのか、ニューブランド?なのか。。。

類稀な立地なのか、単にまちで一番高級な仕様のホテルなのか。。。

或いは、接客サービスなど、ソフト面での評価が一番なのか。。。

 

この点では、鹿児島市内にある城山観光ホテルは、何はともあれ、「類稀な立地」で「まち一番」であることに間違いは無いだろう。

 

 

JR鹿児島駅から鹿児島中央駅まで1区間、列車で移動したことがある人ならばお分かりかと思うが、この区間、鹿児島市の中心市街地に近い場所を通過しているにもかかわらず、線路はトンネルを潜るのである。

それは、中心市街地を間近に見下ろす「城山」の下を通るからだ。

 

そしてこのホテルはその名のとおり、急峻な城山の一画にある。

中心市街地のすぐ裏手にあって、これだけの高台に建つホテルは他に無い。

 

鹿児島市内は、ホテルの選択肢が非常に豊富だ。

わざわざ城山の中腹まで登らなくても、平坦で便利な市街地には、このホテルと同等・もしくはさらにグレードの高いホテルが存在しないワケではない。

 

 

しかし、この立地だけは、他のホテルがどれだけ逆立ちしようと(笑)、絶対に勝てないのである。

客室から、レストランから、そして展望露天風呂から、鹿児島の市街地越しに望む錦江湾と桜島の姿は、月並みな言葉となってしまうが、「絶景」としか言いようが無い。

 

もちろん、建物のやや築年が古いとは言え、客室や食事などのグレードも、ビジネスホテルではなく、しっかりとシティホテル・観光ホテルレベルなのである。

 

なお、ホテルと鹿児島中央駅や繁華街「天文館」との間には、シャトルバスが30分間隔で運行されており、高台立地のハンデ?もあまり感じられない。

 

鹿児島市内は魅力的なホテルが多いまちだが、やはり、一度は泊まってみたいホテルである。


詳細・予約は
城山観光ホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鹿児島県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 異例づくし?の比類なき宿泊施設「ホテル京セラ」。空間占有率54%のアトリウムは圧巻! 鹿児島県霧島市
2014.03.03 Monday 10:00

【PR記事 2016.11.06 一度は泊まってみたい宿】
異例づくし?の比類なき宿泊施設「ホテル京セラ。空間占有率54%のアトリウムは圧巻! 鹿児島県霧島市


 

日本国内で、これほど「比類なき」存在は無い。
大袈裟かも知れないが、鹿児島県霧島市の
ホテル京セラは、そうとしか言いようが無いのである。

では、何が「比類なき」なのか、いちいち挙げてみようか。

まずその立地だが、平成の大合併で誕生したこの霧島市というところ、風王明媚な景勝地・・・のような印象があるかも知れないが、ハイテク工場などが多数立地する「産業都市」だったりもする。
今や、地方では数少ない「成長都市」のひとつだ。

その霧島市にあって、このホテルが建つ場所は中心市街地とも郊外ともつかない場所。
しかも、幹線道路を挟んで建つ2棟の建物は、空中回廊のようなデッキで繋がっている。

郊外型・宿泊特化型のビジネスホテルならばあり得る立地だが、このような「大胆なホテル」が建つような場所には思えないのである。


 

次に「比類なき」点は、その名称と運営母体である。
仕掛け人は、その名のとおり、ここ霧島市にも大きな工場を構える大手メーカー「京セラ」なのだが、会社名がそのままホテル名になっている例は珍しい。
しかもココは、同社のお膝元・京都ではなく、遠く離れた霧島市。。。

もちろん、ホテル本体も、相当に変わりダネである。
総客室数は300室超、シングルとツインが半々で、リゾートホテルともシティホテルともビジネスホテルともつかない、不思議な「業態」だ。
結婚式場や宴会場、スパ施設や大浴場、フィットネス施設などがしっかりと揃っているので、まあ、強いて言えば「シティリゾートホテル」といったところなのだろうが、立地を考えたらサプライズな感じはする。

もちろん、巨匠・黒川紀章氏が設計を手掛けたという建物だって、普通じゃない(笑)。
楕円状の本館中央部分のアトリウムは、空間占有率が54%。日本最大級である。
圧巻としか言いようが無い。

また、新館の設備計画では、環境面に配慮し、LNG13Aガスによるコージェネレーションシステムを導入したほか、莫大な面積量となる特徴的な白い外壁には光触媒を採用している。
実はハイテクビル?だったりもする。

極めつけは、本館と新館を結ぶ空中道路に設置された「縄文遺跡ミュージアム」であろう。

1998年に国指定遺跡に指定された「上野原遺跡」に由来するものらしいが、本館から新館、新館から本館への「空中移動」では、時空を超えた空間を旅することになる(笑)。

個人的には間違い無く「一度は泊まってみたい宿」のひとつなのだが、地元ではどのような位置付けになっているのか、少々気になったりもした。


詳細・予約は
ホテル京セラ

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鹿児島県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 今や古き良き?マチナカのリゾートホテル「鹿児島サンロイヤルホテル」。 鹿児島県鹿児島市
2012.11.26 Monday 03:20

【PR記事 2016.11.06 一度は泊まってみたい宿】
今や古き良き?マチナカのリゾートホテル?「鹿児島サンロイヤルホテル」。 鹿児島県鹿児島市

 



建物の「外観」だけで、思わず泊まってみたくなるホテルがある。

鹿児島市の中心市街地にほど近い鹿児島サンロイヤルホテルもそのひとつだ

大きく楕円を描く白い建物に、綺麗に並ぶアーチ状のバルコニー。

バブル期以前の「南国のリゾートホテル」と言えば、おおよそこんな感じだった。

故に、時代を築いたこのスタイルの外観からは、「夢も希望もあった時代」への郷愁のようなものを感じる。

もはや、近現代の歴史的遺産?に近い感覚なのかも。

このホテルが開業したのは、オイルショック前夜の1972年。

鹿児島国体の宿泊施設として、官民一体の企業によって開業した。

後の世に?広く普及するようになった「第三セクター」の走りだったのかも知れない。

今さらながら、このホテルの「位置付け」が気になった。

埋立地とは言え、ほぼマチナカの立地。

それでいて、錦江湾に面しているため、客室からも展望大浴場からも桜島の雄姿が望める。

お風呂も天然温泉だ。

カタチからすればリゾートホテル・・・なのだろうが、場所から言えばいわゆるシティホテル・・・なのである。

鹿児島市は、人口60万人の「大きな地方都市」だ。

マチナカという「日常」と、リゾートという「非日常」が、このホテルではなんとも奇妙に?一体化しているように見えた。

しかしそれは逆に、ヨソの街ではあり得ない?「東洋のナポリ」鹿児島ゆえに可能だったことなのかも知れない。


詳細・予約は
鹿児島サンロイヤルホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鹿児島県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM