【編集長のつぶやき vol.470】 カーフェリーが復権の兆し?岩手県の宮古と北海道の室蘭を結ぶ航路が平成30年6月より運航開始。
2017.05.24 Wednesday 00:00

2017.05.24

前回は、旅客列車や路線バスを利用した「貨客混載」が広がりを見せつつある、というお話をしました。

しかし、「貨客混載」と言えば、何か忘れちゃいませんか?

 

そうです。

「貨客混載」などと言わなくても、そもそもが「貨客混載」であったカーフェリーの存在です。

カーフェリーとは、クルマがそのまま自走して船に入り、ドライバーはフェリーの運航中、船内で「旅客」になるという仕込みのこと。

一般の乗用車も利用できますが、需要の大部分はやはりトラックです。

 

カーフェリーは、1980年代から1990年代にかけて、全盛期を迎えました。

とくに、本州各地から北海道へ向かう航路は、今にして思えば百花繚乱?のような状態で、北海道側の函館・岩内・小樽・室蘭・苫小牧・釧路などの各フェリーターミナルは、観光シーズンともなると、トラックドライバーに加え、マイカーやバイクで北海道を旅する「乗客」で大いに賑わっていました。

しかしその後、多くのフェリー航路が休止・廃止に追い込まれ、大手フェリー会社が経営破たんしています。

 

こうした中、縮小の一途をたどっていたカーフェリー業界で、久々に「新航路開設」のニュースが入ってきました。

岩手県の宮古と北海道の室蘭を結ぶ航路が、平成30年6月1日より1日1往復、運航を開始するというものです。

 

室蘭のフェリーターミナルは、1990年代まで、茨城県の大洗行きなど複数のフェリー航路が乗り入れ、さながら空港のような雰囲気でした。

しかし直近の約10年間、定期航路はゼロ。

個人的には、当時の栄華を知っているだけに「信じられない」状況です。

 

一方、岩手県の宮古にカーフェリーが発着するのは、今回が初めてとなります。

何ゆえに宮古〜室蘭間で新航路開設なのか?と思った人も多かったはず。

 

ただ、これにはいくつかの「合理的な理由」がありました。

 

少々意外な感じがしますが、ひとつめに挙げられるのが、北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の開業です。

新幹線の開業により、青函トンネルを走行できる貨物列車が「制限」され、鉄道輸送に限界が生じたということ。

 

ふたつ目は、宮古〜室蘭間の「距離」です。

現在、本州の太平洋側から北海道へ向かうには、大洗・仙台・八戸の各フェリーターミナルを利用することになるのですが、ここから苫小牧港へ向かう航路は、何れも「近すぎる」か「遠すぎる」距離でした。

 

これはどう言うことでしょうか。

 

宮古〜室蘭間で予定されているカーフェリーの運航時間は10時間。

トラックドライバーが必要とされている休息時間は8時間。

乗降などの作業時間を含めても、十分な休息をとることができる10時間の航路は、理想的な距離だったのです。

 

三つ目は、道路網の整備が進んだ点です。

かつて、三陸までの陸路と言えば、「遠い」というイメージがありました。

しかし近年は高速道路網の整備が進み、関東や東北の内陸部から宮古までのアクセスはかなり改善されています。

 

なお、室蘭フェリーターミナルは、JR室蘭駅から歩ける場所。

一方の宮古フェリーターミナルも、市街地からそう遠くありません。

 

「貨客混載」のお話からはやや脱線?しましたが、この新航路については、ますます深刻化するドライバー不足対策と、新たな「旅客需要」の創出という両方の点で、大いに期待したいと思いました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.469】 「農家」と「道の駅」がローカル列車を利用した輸送を開始。「貨客混載」のプレイヤーは大手宅配会社だけではなかった?
2017.05.22 Monday 00:00

2017.05.22

このサイトでは、なかばシリーズ的に?「貨客混載」のお話をしてきましたが、この「貨客混載」については先日、弊社のニュースサイトでも掲載したとおり、また新たな動きがありました。

 

京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社とパソナグループの株式会社丹後王国が、丹後地域の農業振興や地域の活性化を目的とした「貨客混載事業」を6月1日より開始するというニュースです。

 

これまでの貨客混載は、路線バスと大手宅配会社、第三セクター鉄道と同じく大手宅配会社という組み合わせでした。

 

しかしは、第三セクター鉄道の「運行会社」と、地元の「道の駅」の運営会社という組み合わせです。

同事業は、これまで道の駅「丹後王国『食のみやこ』」に直接出荷を行ってきた農家が、沿線の最寄り駅へ農産物を運搬し、定期列車で輸送するというもの。

農業の振興と地域の活性化を目的とした貨客混載事業としては全国初の試みです。

 

高齢者ドライバーの増加や、運転の長距離化に伴う運送にかかる負担を軽減するとともに、物流の効率化を図るほか、運搬に必要だった時間を農作物の生産に充当することで、生産性の向上にも貢献するとのこと。

 

貨客混載が行われる区間は、距離にして約24辧∋間にして約30分。

まあ、利用可能な列車も限定的な「片道輸送」だし、今のところ、今回の同事業単体では、鉄道事業の「大きな収入源」になるほどの輸送量は期待できないでしょう。

 

ただ、貨客混載の一方のプレイヤーが、これまで「大手宅配会社」に限られていたことを考えれば、農家や個々の小売店など、より多くのプレイヤーが「参入」できるという前例が示されたことは大きいと言えます。

 

とくに今回は、前述のとおり、農家の「運転労働の軽減」を通じ、農業の生産性向上が図れるとすれば、鉄道事業の収益向上は別としても、地域経済に与える影響は、小さいようで大きいかも知れません。

 

また、当初は「限定的」といった印象が強かった、路線バスと大手宅配会社による貨客混載も現在、全国各地に「拡大」し続けています。

 

既に多くのメディアが取り上げているとおり、宅配業界ではドライバー不足がそれだけ深刻ということなのですが、逆に乗客不足に悩んでいた路線バスにとって、大手宅配会社はある種、「救世主」だったということでしょう。

 

今後、より多くの多様なプレイヤーが貨客混載事業に参加することで、これまで結び付かなかった「凹」と「凸」がうまく合致し、その媒介としての鉄道や路線バスが「復権」することを願って止みません。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.468】 相部屋の「ゲストハウス」と、あくまでも「食」が中心の「オーベルジュ」が融合する日。
2017.05.17 Wednesday 00:00

2017.05.17

前回は、ゲストハウス風の相部屋(ドミトリー)を併設したレストラン(オーベルジュ)は果たしてあり得るのか?というお話をしました。

 

結論から言えば、「今後、誕生し得る」ということなのですが、この国では、今後こうした業態が萌芽しそうな背景が2つあります。

 

ひとつ目は、東日本大震災以降、復興の過程で、既存の業態やスタイルを超えたまちづくりや宿づくりが進行しつつあるということ。

 

東日本の被災地周辺では、ここ数年の間に、いわゆる「震災復興系」の宿泊施設が次々とオープンしました。

その多くは主に、「復興工事」を支える、言わば寄宿舎のようなスタイルの宿で、施設によっては「仮設の宿」に近いハコモノだったりもします。

こうした宿は、相部屋ではなく個室ではあるものの、先々「復興需要」が去った後、何らかの業態変更を模索せざるを得ないはず。

 

一方、仮設店舗の中には、店舗自体は簡素な造りながらも、地元の海の幸・山の幸をふんだんに使用した「食べごたえのある」料理を提供している飲食店も存在します。

むしろ、牡蠣小屋風と言うか、屋台に近い雰囲気がウケているのかも知れません。

 

こうした震災復興系の宿泊施設と飲食店は、今のところ、あまり近い存在には思えませんが、幸か不幸か、震災復興の過程で培われたワイルドさというか、既存のオーベルジュでもない、かと言ってグランピングでもない、独特の「食空間」を生み出しそうな予感がしませんか?

 

ふたつ目は、既存のオーベルジュでは拾い切れていない「客層」が存在している可能性があること。

 

先日、楽天トラベルが評価の高いオーベルジュランキングを発表しました。

同発表によると、オーベルジュの宿泊は前年同期比で+12.4%(約1.1倍)に増加、特に女性複数名利用の女子旅は+23.9%(約1.2倍)、女性の1人旅は+19.3%(約1.2倍)、20歳代の予約は+47.5%(約1.5倍)に伸張しています。

 

発表された数字からだけだと、「男性の影」が見えません。

 

しかし、男性の1人旅、男性のグループ、男女混合のグループなど、数字に表れていない「裾野」もっと広いはず。

となると、既存のオーベルジュでは、ワイルド系?の需要を取り込み切れていないとも言えます。

 

また、前述の楽天トラベルの発表では「女性の1人旅」が伸張しているとのことですが、こうした人たちは、他の旅人とは交わらず、ひとりひたすら「食」に没頭するかと言えば、必ずしもそうとは言えないはず。

男女を問わず、相部屋特有の旅人どうしの交流と、こだわりの「食」の両方を求めている人も一定数存在すると思った方が自然でしょう。

 

それに、オーベルジュでは、「宿」の部分はあくまでも「付帯施設」。

「食」には糸目をつけないけど、寝泊りする部分は徹底的にコストカットしたい、という強者(笑)だっていても不思議でありません。

 

あくまでも「仲間内」だけで「食」を楽しむためのオーベルジュが今後とも主流であり続けるとは思いますが、ゲストハウスが持つ開放的な人間関係を売りにしたオーベルジュが、そろそろ登場してもよさそうに思いました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.467】 泊まれるレストラン「オーベルジュ」が人気上昇中。発想の転換で新しい業態が誕生する予感?
2017.05.15 Monday 00:00

2017.05.15

近年、この国では「オーベルジュ」という業態の宿泊施設が人気上昇中の様子。

宿泊予約サイトなどでも特集が組まれていたりします。

 

さて、おさらいになますが、「オーベルジュ」とは、宿泊施設を「併設」したレストランのこと。

フランスが発祥ということもあり、その多くはフランス料理を提供するレストランなのですが、弊社のPRサイトなどでも紹介しているとおり、中華のオーベルジュなんてのも存在します。

 

また、「オーベルジュ」とは謳っていませんが、宿泊施設を「併設」したレストランと言えば、日本では古くから割烹旅館という業態がありました。

 

さらに最近では、蕎麦屋さん寿司屋さん豆腐屋さんなど、飲食店もしくは食材の専門店が併設している宿が静かなブーム?だったりもします。

 

もちろん、オーベルジュと謳わななくても、「料理が自慢の宿泊施設」は数多く存在しますし、オーベルジュの中にも、なぜか素泊まりプラン?を設定しているところもあったりするので、オーベルジュか否かの境界線は、ある意味、宿側の自己申告?なのかも知れません。

 

さて、再びおさらいになりますが、オーベルジュはあくまでも宿泊施設を「併設」したレストランのこと。

当然と言えば当然ですが、あくまでも「食事をする場所」が中心であって、宿泊施設の部分は、規模的にも設備・仕様的にも「泊まることができる」という程度に留めているところが大半です。

一般的なホテルや旅館のようなスペック?を期待すると、かなりの確率で、肩透かしを食らうことになるでしょう。

 

一方、昨今のゲストハウスなど、そもそも「相部屋の簡素な宿」に慣れ親しんだ層からすれば、質素とは言え、オーベルジュの「個室」は、贅沢?に映るかも知れません。

 

実は、この「ギャップ」の部分に、新たな業態の宿が萌芽するのではないか?という予感を感じています。

 

それは、ゲストハウス風の相部屋(ドミトリー)を併設したレストランのこと。

 

ん?相部屋のオーベルジュ?それはいくらなんでも真逆過ぎ?と思われるでしょう。

確かに、普通に考えたら、カップルや女子会で食事を楽しむために泊まるオーベルジュで、「相部屋」という発想はほぼあり得ません。

 

次回は、そのあり得ない発想が、実は「あり得る」ということをお話したいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.466】 「都市住宅学」最新号のメインテーマ「鉄道会社と沿線まちづくりの課題と将来」に思う。
2017.05.10 Wednesday 00:00

2017.05.10

先日、都市住宅学会の学会誌「都市住宅学」の最新号が届きました。

今号のメインテーマは、「鉄道会社と沿線まちづくりの課題と将来」です。

 

当サイトでも、鉄道資本によるまちづくりや地域振興については、長らくシリーズ掲載しているだけに(最新は4月26日の第三セクター鉄道は、新たな「鉄道資本」へと進化できるのか?)、非常に興味・関心の強いテーマでした。

 

主に大都市圏で鉄道資本が果たしてきた役割や機能については、ここでも何度かお話してきたので(まあ、一般論ですけど)、あえて割愛しますが、今後に掲載されている論文も、その多くは大都市圏でのまちづくりがテーマです。

 

さて、今号を読んでみての結論から言うと、正直、物足りない印象を受けました。

 

「少子高齢化」「コンパクトシティ」「外部効果の内部化」など、大都市圏・過疎地域を問わず、共通する課題や問題意識について、現状と将来展望を述べているという部分では、分かりやすく、いちいちもっともな内容なのですが、基本的には「大都市圏の大手鉄道事業者」のお話です。

 

大都市圏の大手鉄道事業者は、「放っておいても大丈夫」とまでは言いませんが、「選ばれる沿線」を目指した各種の取り組みや、「座れる電車」、既存事業との相乗効果を前提とした農業や福祉関連産業への進出など、着々と「次の一手」を打ってきました。

 

むしろ、より問題が深刻なのは、JRや私鉄、第三セクターを含む大小様々なローカル線です。

これも繰り返しになりますが、地域が置かれている状況如何では、鉄道事業を必ずしも「存続させなければならない」とは思いません。

 

ただ、鉄道の存続を前提としたまちづくり(或いはむらづくり)を考察するのであれば、大都市圏の大手鉄道事業者のケーススタディーは、ある種の事業モデルとしては参考にはなるとしても、やはり事業主体のボリューム感の違いは大きいですし、貨物輸送や観光列車、比較的長距離を結ぶ都市間輸送への依存度の高さなど、置かれている状況も大きく異なります。

同じ鉄道事業でも、大都市圏の大手鉄道事業者とローカル線の事業主体では、収益構造的には別の業態?と言えるかも知れません。

 

本号のテーマに期待していたのは、「外部効果を内部化」するための多角化という点で、ローカル線の事業主体に向け、大都市圏の大手鉄道事業者には無い、新たな視点や事業提案のようなものでした。

 

まあ、この学会誌自体の発行主体が、交通系の学会ではなく、都市住宅学会であるため、大都市周辺の宅地開発に主眼を置かざるを得ない部分で、限界があったことは重々承知はしているのですが。。。

 

このテーマのお話は、今後もまだまだ続きそうです。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/36 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM