【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 高度成長期末期の「熱気」。「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。岡山国際ホテル。 岡山県岡山市
2014.08.04 Monday 08:00

【PR記事 2014.08.04 一度は泊まってみたい宿】
高度成長期末期の「熱気」。「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。岡山国際ホテル。 岡山県岡山市

 
ふとしたきっかけから、長い間、脳裏に焼き付いて離れないホテルがある。
岡山の市街地を見下ろす高台に立つ、
岡山国際ホテルもそのひとつ。

何がきっかけかと言うと、瀬戸大橋の開通を数年後に控えた1986年頃に発行された、岡山と香川の「明るい未来」を特集したMOOK本である。

この本、記事本編はさほど印象に残っていないのだが、各ページのサイドとフッダーに掲載された「広告」は、なぜか妙に印象深かった。

中でも、敷地全景の空撮写真が大きく掲載された岡山国際ホテルの広告は、「明るい未来」を体現したかのような、血湧き肉踊る?広告に見えた。

ただし、このホテルが開業したのは1973年。
地元の財界が主導して建設した「岡山の迎賓館」という位置付けらしい。

よって、開業の時期から言えば、決して瀬戸大橋の開通を当て込んだホテルではない。
建物の雰囲気はむしろ、オイルショック前に描かれた「明るい未来」なのである。

しかしそれでも、広告の写真からは、高度成長期末期の「熱気」のようなものが、来るべき「瀬戸大橋時代」へ継ぎ目なく受け継がれたかような雰囲気が読み取れた。

その「夢のホテル」はその後、経営破たんやリブランドなど、厳しい現実に見舞われた。
現存するこのホテルはもはや、過去の「夢のホテル」ではないのかも知れない。

「明るい未来」を描くことができた時代への郷愁。
リアルタイムで体験した「現代史」を確認する意味でも、やはり一度は泊まってみたいホテルである。


詳細・予約は
岡山国際ホテル

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 岡山県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://machiokoshi.jugem.jp/trackback/1264
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • 座れる座席。赤はセーフ、緑はアウト? 【2019年05月 山梨県大月市】
    イサムトンコチュウ (07/05)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    高沢里奈 (03/27)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    唐津駅 (03/27)
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM