【編集長のつぶやき vol.383】 ニッポンの「人口減少」は、本当に悲観すべきことなのか?
2016.05.23 Monday 08:40
2016.05.23
少子高齢化と人口の減少で日本は衰退する・・・
この国では昨今、こうした予測が「当然の前提」として、何の疑問もなく?受け入れらているように思えます。

もちろん、少ない労働人口で多くの高齢者を支えなければならない、経済の規模が縮小すれば当然景気が悪くなる、という理屈は非常に分かりやすいのですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

人口減少とは言うけれど、そもそも適正な人口規模ってどのくらい?人口が減少すると1人あたりの「分け前」も減ってしまうのか?人口減少そのものよりもむしろ少子高齢化という「年齢構成の変化」の方が問題なのでは?という疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

今回は、非常に断片的ではありますが、こうした疑問のヒントになりそうな記事をネット上で検索してみました。

まず、そもそも日本の適正人口規模は?というお話ですが、2015年11月15日掲載の Business Jounal でシンフォニーマーケティング代表の庭山一郎氏が、
「人口減少で日本衰退」論のまやかし ではなぜ日本の適正人口を語らないのか?という記事で、そのあたりをスパッと言い当てています。

例えば、40%とされている日本の食料自給率を考えたら、人口が半減しても「まだ多い」という仮設。
イギリスやイタリアは、日本よりもやや小さい面積の面積で、人口規模は日本の半分程度です。
しかも日本の場合、居住可能で農耕が可能な平坦地はイギリスやイタリアよりも遥かに少ないため、そもそも日本の国土自体が多くの人口を抱えられるだけの「余裕」に乏しい、と思えば、確かに庭山氏の「適正人口規模」は説得力がありますね。

ただし、この適性人口規模は、あくまでも時が止まった「ある時点」を輪切りにした場合でのお話。
もちろん、人口減少問題を考察する際に、前提条件として「適正人口規模」の議論は必要ではありますが、「人口が減少する」という、時系列で変化する際に生じる諸問題については、適正人口規模とは別の視点が必要になります。

では、国土面積が変わらないまま人口が減少した場合、何が起こるのか?
やや暴論に近いかも知れませんが、単純に考えれば、土地や社会資本などの「1人あたりの分け前」が増えることになります。
逆を言えば、人口が増えれば増えるほど、「1人あたりの分け前」は減ることになりますね。

こちらは、2015年3月3日の WEDGE Infinity で早稲田大学教授の原田泰氏がコラム
人口減少は諸悪の根源か?で端的に述べていますが、この議論は、古くはマルサスの人口論まで遡ります。
ただし、人口減少の問題そのものと、高齢化による問題は分けて考えるべきだと。

さて、最後はやや古い記事になりますが、2014年6月25日に日本経済研究センターのHPに掲載された対談記事
八田達夫氏「人口減少恐るるに足らず」です。

少々長い対談なのでサーッとレビューしますが、基本的には、人口の増加と1人あたりのGDPの増加には相関関係が無い(=人口が減っていても1人あたりのGDPが伸びている国もある)、人口が減少しても生産性の伸びがあれば成長は維持できる、というお話です。

確かに、生産年齢人口が減っても、それこそ、人工知能などを駆使することで?生産性が向上すれば成長は維持できる、という流れは理解できないわけではありません。

ただ、こちらの対談記事では、年金などの社会保障にも触れていますが、現役世代が高齢者を支える賦課方式から積立方式に変えるべき、という部分は理解できますが、全体的には今ひとつ歯切れが悪い印象を受けました。

全体を通しての個人的な意見ですが、「人口減少恐るるに足らず」と言えるほど、日本の現状を楽観はしていません。
ただし、「適正人口規模」や「人口の増減と経済成長の関係」、そして「少子高齢化に伴う人口構成の問題」をひとつづつ分けて考えると、見えてこなかったものがおぼろげに見えてきた気がします。

もちろん、それぞれの要素は単体で存在するのではなく、複雑にからみ合っているだけに、人口減少の問題は決して「簡単な問題」ではありません。

次回は、このサイトでも何度か断片的に取り上げてはきましたが、「コンパクトシティ」「集落移転」の観点から再び人口減少の問題を考えてみたいと思います。


ニュース投稿 募集中

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://machiokoshi.jugem.jp/trackback/1687
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • 座れる座席。赤はセーフ、緑はアウト? 【2019年05月 山梨県大月市】
    イサムトンコチュウ (07/05)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    高沢里奈 (03/27)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    唐津駅 (03/27)
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM