【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 決して東京のホテルオークラもどきではない?地元企業による「オークラホテル高松」。 香川県高松市
2017.03.31 Friday 00:00

【PR記事 2017.03.31 一度は泊まってみたい宿】
決して東京のホテルオークラもどきではない?地元企業による「オークラホテル高松」。 香川県高松市

 


ホテル業界で「オークラ」と言えば、殆どの人は、帝国ホテル・ホテルニューオータニと並ぶ「御三家」のひとつで、東京に本拠地を置くホテルオークラを思い浮かべるだろう。

 

しかし、ココ香川県「だけ」は違う。

この県で「オークラ」と言えば、オークラホテル高松オークラホテル丸亀のことを指す。

 

両ホテルは、いずれも香川県に本社を置く東証一部上場の樹脂メーカー・大倉工業の系列会社が運営する地元企業なのである。

同じオークラでも、東京に「本店」を構えるホテルオークラとは全く関係がない。

 

では、この「香川のオークラ」が単なる「東京のホテルオークラもどき」かと言えば、さにあらず。

両ホテルとも、地方都市ではかなり規模の大きい300室規模のシティホテルで、県内のホテル業界ではその存在感も大きい。

とくに本店に相当するオークラホテル高松は、創業から40年以上が経過し、高松では老舗の雰囲気すらある。

 

 

さて、気になるその中身だが、見た目や名称ほどには?敷居は高くない。

宿泊料金に関しては、築年が古いということもあってか、宿泊特化型のビジネスホテルと大差無く、素泊まりに関してはむしろ「安い」くらいだ。

 

しかしそれでも、300室規模というスケール感や、レストランや宴会場、結婚式場などの華やかな付帯施設は、ビジネスホテルではなく、あくまでもシティホテルなのである。

また、瀬戸大橋の開通に合わせて1988年にオープンしたオークラホテル丸亀も、基本的には高松の「本店」の存在ありきで出店した「支店」だ。

 

つまり、「香川のオークラ」は、築年の古さによる経年劣化にさえ目をつむれば、かなりお買い得?なホテルなのである。

 

そして個人的に「気に入った」のは、2食付きの宿泊プランだ。

 

当サイトでは、地方都市のやや型落ちした古いシティホテルこそ、ビジネスホテルには真似のできない2食付きプランを「適正価格」で提供すべき、と唱えてきたのだが、このホテルの2食付きプランはまさに「それ」であった。

朝食・夕食ともバイキングで提供、価格的にも7,000円以内に収まっている。

 

高松にはココよりも「高級なホテル」は存在するのだが、創業の経緯やその名称、これまでの位置付けを考えると、やはり、一度は泊まってみたいホテルだと思った。


詳細・予約は
オークラホテル高松

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 香川県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • 「分断」でスイッチバックになった松浦鉄道の伊万里駅。 【2018年12月 佐賀県伊万里市】
    nnr (08/30)
  • 座れる座席。赤はセーフ、緑はアウト? 【2019年05月 山梨県大月市】
    イサムトンコチュウ (07/05)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    高沢里奈 (03/27)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    唐津駅 (03/27)
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM