【編集長のつぶやき vol.490】 ニッポンのオーディオブランド「aiwa(アイワ)」が復活。古は新を兼ねる?
2017.08.07 Monday 00:00

2017.08.07

この6月、秋田県にある十和田オーディオというOEMメーカーが、既に消滅した日本のオーディオブランド「aiwa(アイワ)」を復活させると発表し、話題になりました。

この秋には、CDラジカセなどの製品を販売する予定です。

 

アイワと言えば、ソニーに比べれば見劣りするものの、40代よりも上の世代には、そこそこ安価でそこそこ高性能なブランドとして親しまれていました。

しかし今世紀に入り、国際的な価格競争に敗れ、デジタル化の波にも乗り遅れたりして、ブランドも会社も消滅。。。

 

今回のアイワの「復活」は、日本メーカーの復活の兆しとして、前向きに捉える向きが強いようです。

 

ただ、かつて綺羅星のように輝いていた日本のオーディオメーカーの凋落は、地球上に膨大な「音源資産」を残してくれた「カセットテープ」というメディアをないがしろにした、「消費者」にも責任の一端がある、と思いました。

 

1990年代半ば、日本では既にCDがレコードやカセットテープに取って替わっていましたが、この時点でもアジアやヨーロッパでは、カセットテープはまだまだCDに駆逐されてはおらず、店頭でも幅を利かせていたと記憶しています。

もちろん、CDには録音機能はありませんから、エアチェックや編集などが可能という点で、カセットテープはまだまだ主要なメディアだったはず。。。

 

しかしそのCDも、間もなくダウンロードやストリーミングに取って替わられることになります。

こうなると、「音源資産」はもはやデータに過ぎず、極端に言えば、「編集」すること自体が必要無くなる状況となりました。

 

もちろん、今の状況では「これから」新たに生まれる音源資産については、あえてカセットテープという古いメディアに吹き込む必然性は無いと言えるでしょう。

 

ただ、地球上に膨大な数が存在する、カセットテープに吹き込まれた音源資産は、レコードなど他メディアから録音されたものだけではありません。

オリジナルの生演奏だったり、「記録」としての音声だったりもします。

 

逆を言えば、カセットデッキやラジカセは、古いアーカイブスを再生するためだけの装置ではなく、「これから」新たに生まれる音源資産を吹き込む装置として、「大は小を兼ねる」ならぬ「古は新を兼ねる」メディアであり続けることでしょう。

まあ、テープ自体の劣化や、瞬時に頭出しが出来ないなど、ハンデはいろいろとありますが。。。

 

再生するアイワには、「古は新を兼ねる」素晴らしい製品を造ってもらいたいものです。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • 「分断」でスイッチバックになった松浦鉄道の伊万里駅。 【2018年12月 佐賀県伊万里市】
    nnr (08/30)
  • 座れる座席。赤はセーフ、緑はアウト? 【2019年05月 山梨県大月市】
    イサムトンコチュウ (07/05)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    高沢里奈 (03/27)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    唐津駅 (03/27)
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM