【編集長のつぶやき vol.580】 まちなかの「空き地」に新たな息吹を吹き込むのは、都市農園がビジネスホテルか。
2018.07.19 Thursday 00:00

2018.07.19

先週、このサイトでは、人口が減少し、空き店舗や空き地が増えれば、逆に1人あたり・1店舗あたりの「空間」がまち全体で拡大する、という前提で中心市街地の空洞化問題を考えると、これまでとは違った見方が出てくるような気がする、というお話しをしました。

 

今回は、前回の予告どおり、もう少し具体例に近いお話しです。

 

この系統の話題としては、有名なところでは、アメリカ・デトロイトの例を耳にしたことがある人もいるでしょう。

デトロイトの人口減少・空き家・空き地の増加は、市が財政破綻するくらいですから、相当に深刻です。

 

その同市では近年、市街地内の空き地を「都市農園」に転換する動きが注目されており、一定の「成果」を挙げてきました(詳細は、人口減少下のデトロイトにおける 都市農業の発展とその課題(二村太郎)などを要参照)。

 

もちろん、都市農園への転換は、同市の都市問題全体をカバーできるほどのボリュームではありません。

成果は限定的とも言えるでしょう。

 

しかし、この発想や方向性自体は、日本でも応用できるはず。

例えば、住宅街の空き地が、家庭菜園や都市農園に変わったとしたらどうでしょうか。

人口が減少し、人口密度も低下しているワケですから、問題自体が解決するワケではありませんが、草ぼうぼうの空き地や廃墟に比べれば、少なくとも「景観」としては悪くないでしょう。

 

また、その家庭菜園や都市農園がもたらす「収穫」が、「市街地に残った住民」に様々なカタチで還元される可能性もあります。

考えようによっては、市街地全体でちょっとした里山化?が進むかも知れません。

 

ただ、空洞化する市街地の空き地の活用法という点では、そのカタチを家庭菜園や都市農園に限定しない方がよいと思います。

 

例えば、日本の本州に存在する、5〜10万人前後の複数の某地方都市。

これらのまちでは既に、中心市街地はシャッター通りを通り越し、空き地通りと化しています。

 

実は近年、これら某地方都市の「まちなか」に、ロードサイド型の宿泊特化型ホテルが相次いで立地しました。

「まちなか」であるにもかかわらず、比較的広い平面駐車場を確保できたからです。

 

建ったのはホテルですから、定住人口が増えるワケではありませんが、これらのホテルには連日、100〜200人規模の宿泊客が宿泊することになりますよね。

 

当然、宿泊特化型のホテルですから、朝食はホテル内で提供するにしても、宿泊客の多くは、昼食と夕食を「まちなか」で取ることになります。

 

中には、近隣の飲食店と提携し、夕食の「出前」をセットにした宿泊プランを販売するホテルも登場しました。

 

もちろん、こうしたホテルからの波及効果があるからと言って、まちなかの商店街が全盛期レベルまで「復活」するとは思えません。

 

しかし、これらのホテルは、中心市街地が空き地だらけの状態でなければ、果たして出店していたでしょうか。

増して、郊外の幹線道路など、ロードサイドを中心に出店を続けてきたホテルチェーンであればなおさらです。

 

今回は、デトロイトと日本の本州にある某地方都市を例に挙げましたが、実は日本には、その双方と共通する性格をもった事例も存在します。

 

次回はその事例についてお話ししたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://machiokoshi.jugem.jp/trackback/2211
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM