金のひつじ?美濃太田駅南口の、一風変わったモニュメント。 【2017年05月 岐阜県美濃加茂市】
2017.06.22 Thursday 00:00

JR・長良川鉄道の美濃太田駅南口の一画にて。

「牡羊座」と記された、なんとも目立つモニュメントを発見。

 

12星座全てのモニュメントがあるらしいのだが、牡羊座だけがインパクトが強すぎて(笑)、他星座は目に入らなかった。

 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 岐阜県美濃加茂市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.478】 自国の市場規模が500万人のノルウェーと、1億2,000万人の日本。音楽産業にとってはどっちが有利?
2017.06.21 Wednesday 00:00

2017.06.21

前回は、まちおこしとはあまり関係のない、a〜ha のお話をしました。

 

今回は、話の成り行き上?彼らの出身地であるノルウェーつながりで、多少まちおこしに関係のありそうなお話です。

 

ノルウェーと言えば、ご承知のとおり、他の北欧諸国同様、税率が高い分だけ手厚い福祉が受けられる国。

物価も高いらしいのですが、そもそも所得水準が高いので、国民の満足度も高い、とされています。

 

このノルウェーという国、国土は日本とほぼ同じくらいなのに、人口はわずか500万人。

しかも、国土のほぼ南端にある首都・オスロ周辺に、かなりの人口が集中しています。

 

言語については、ノルウェー語のほか、英語も普通に話されているらしく、ノルウェー出身のa〜ha が英語で「世界進出」するのは、言わば自然の流れ?なのかも知れません。

 

なんたって、すぐ近くのイギリスは人口約6,000万人(ノルウェーの約10倍以上)、その先のアメリカは人口約3億人(ノルウェーの約50倍以上)という、巨大マーケットですから。。。

 

一方、日本は人口1億人超。

ノルウェーの約20倍ものマーケットを有しており、英語が殆ど通じない国?であるにもかかわらず、日本語の唄だけでなく、英語による「洋楽」も普通にヒットしたりしています。

 

しかしご承知のとおり、当たり前と言えば当たり前ですが、自国の大きなマーケットに支えられている日本のアーティストが「世界進出」するとなると、これは相当にハードルが高い。。。

 

英語という壁がある限り、少なくともロックやポップスに限れば、人口500万人のノルウェーよりも、人口1億人超の日本の方が、今後とも大きなハンデを負い続けることになるでしょう。

 

一方、アーティストではなく、楽器の世界はどうでしょうか。

 

前回紹介したa〜ha のPVに登場するキーボードは、1988年がYAMAHA、2015年がRolandでした。

ご承知のとおり、YAMAHAは日本が誇る世界最大の楽器メーカーですし、Rolandは近年、経営陣の内紛?により外資が入り込んだとは言え、今のところ、浜松に本社を構える日本の大手電子楽器メーカーです。

 

日本のロックやポップスのアーティストが世界を席巻しているライブ動画には、残念ながらあまりお目にかかれませんが、a〜ha に限らず、海外の名だたるアーティストのライブ動画には、日本の電子楽器が必ずと言ってよいほど登場していますよね。

 

家電などの世界では日本メーカーの「凋落」が叫ばれて久しい一方、電子楽器については、少なくとも30年以上、日本メーカーが「王座」に君臨し続けています。

 

もちろん、今のところ「王座」にある日本の電子楽器メーカーも、様々な技術的・環境的な変化で覇権を奪われる危険はありますし、現にRolandには厳しい時期もありました。

 

とは言え、アーティストの「輸出」が難しいのなら、楽器の「輸出」に注力した方がよさそうです(笑)。

 

さて、YAMAHAやRolandは、なぜ世界的な楽器メーカーになれたのでしょうか?

それは、技術力・商品力があったから。。。には違いないのですが、それに加え、自国の「マーケットの大きさ」も、間違いなく後押しになったことでしょう。

 

それは単に人口規模そのものが大きかった、というだけでなく、「音楽を消費できる豊かな中間層」が厚かった、ということにほかなりません。

 

実は、片田舎のまちにまで音楽教室やギター教室があり、多くの中学校に吹奏楽部があり、一般家庭の子供が普通にバンドを結成できる国、というのは、世界的に見ると、かなり「稀」らしいのです。

 

この点では、自国の市場規模が大きい日本は、ノルウェーよりも圧倒的に優位と言えるでしょう。

まあ、通信機器などの世界では、フィンランドのノキアのように、自国の市場規模とは無関係に世界を席巻したメーカーも無いワケではありませんが。。。

 

となると、やはり危惧されるのは、「自国の市場規模の縮小」という現実です。

日本がダメなら、まだまだ開拓の余地がある海外に出ちゃえ!という考え方を否定はしませんが、ガラパゴスと揶揄されつつも、日本という市場環境で育ったからこそ強かった、という側面だって小さくないはず。。。

 

とくに深刻なのは、少子高齢化という「直接的な人口減少」よりも、格差の拡大による「豊かな中間層の消滅」の方ではないでしょうか?

 

非常に単純な計算ですが、日本の人口規模が現在の1億2,000万人から8,000万人へと3分の2に減少するのなら、1人当たりの所得を1.5倍にすれば、経済規模のボリューム自体は現状維持となります(まあ、現実にはそんな単純ではないでしょうけど)。

 

しかし、人口が減少する中にあっても、1人あたりの「可処分所得」が増えれば「音楽を消費できる豊かな中間層」が減少するとは限りません。

音楽の消費者は「子ども」とは限りませんから。。。

 

なんだか、a〜ha やノルウェーのお話からは随分と脱線していまいましたが、このお話の続きは、いずれ折を見て続けてみたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マチナカの青空に突き出した、背高ノッポのマンション。 【2016年08月 福島県郡山市】
2017.06.20 Tuesday 00:00

郡山駅前の一画にて。

店舗やオフィスビルの向こうに、ひときわ高くそびえるマンションがあった。


昨今では、地方都市でも背高ノッポのマンションは珍しくなくなってきた。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 福島県郡山市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.477】 a〜ha の you are the one。嗚呼、1980年代は遠くなりにけり。。。
2017.06.19 Monday 00:00

2017.06.19

今回は久々に、まちおこしとはあまり関係の無い、洋楽のお話です。

先日、またまた、You Tube で1980年代に「邂逅」してしまいました(ここ1〜2年は少々中毒気味?)。。。

 

それは、あの当時、日本でも大ヒットしたグループなので、ある世代の人からすれば、ほぼ全会一致?で「懐かしい〜」という声が聞こえてきそうな、a〜haです。

 

a〜haと言えば、何と言っても、take on me でしょう。

しかし、個人的に一番印象に残っているのは、日本では男性化粧品のCMソングにもなった you are the one です。

リリースは1988年ですから、1980年代と言っても、ほぼ終盤ですよね。

この頃の日本は、オイルショックを乗り越えて「踊り場のような幸福感」に満ちていた1980年代前半とは異なり、悪しきバブル時代へ突入。。。

 

 

でもなぜか、a〜haのモートン・ハルケットの透き通るような高音のヴォーカルは、「踊り場のような幸福感」に満ちていた1980年代前半のイメージにオーバーラップしてしまいます。

 

あの、透き通るような高音のヴォーカル。。。

あまりにもありふれた表現なので、使いたくなかったのですが、そうとしか言いようがない?あの美声は、30年近く経った今でも健在でした。

 

You Tube には、1988年当時の映像だけでなく、つい1〜2年前のライヴ画像も溢れています。

あの年齢にして、あの声を維持し続けていることは驚きなのですが、さて、モートンの容貌はと言うと。。。

 

 

まあ、1988年に制作されたyou are the one のPVの時代でさえ、なんだか頼りない感じの、愛嬌のある顔(失礼!)という印象が強かっただけに、眼鏡をかけた現在のモートンの姿は、今や、知り合いの不動産屋のおっさんにそっくりです。

 

ただ、年のため言っておきますが、モートンがキリッと締まった「絵に描いたモデルのような西洋人」ではないところにこそ、大きな魅力があった、とも言えるでしょう。

 

むしろ日本では、あの「美声」と、親しみやすい容貌という「ギャップ」がウケたのかも知れません(笑)。

 

さて、そうは言っても、a〜haは3人とも誰がどう見ても「西洋人」です。

しかしご承知のとおり、彼らはイギリス人でもアメリカ人でもありません。

英語はほぼ母語?に近いとは思いますが、3人ともノルウェー人です。

 

次回は、話の成り行き上、このノルウェーつながり?で、まちおこしに関するお話をしたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 22万坪の敷地に、平屋の客室がわずか10室。客室棟・ダイニング間をリムジンで送迎する「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」。 徳島県鳴門市
2017.06.16 Friday 00:00

【PR記事 2017.06.16 一度は泊まってみたい宿】
22万坪の敷地に、平屋の客室がわずか10室。客室棟・ダイニング間をリムジンで送迎する「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」。 徳島県鳴門市

 

 

鳴門と言えば、鳴門海峡を望む、四国随一の景勝地。

古くからの天然観光資源「渦潮」に加え、近現代の人工観光資源「大鳴門橋」が織りなす景観は、今さらながら圧巻だ。

 

そしてこの景観を望む一画には、数多くのリゾートホテルや旅館が建っており、選択肢も豊富で、それぞれに個性を競い合っている。

 

そんな群雄割拠?の鳴門にあって、ひときわ目立つリゾートホテルがあった。

大鳴門橋をやや遠目に望む、鳴門パークヒルズ ホテルリッジがそれである。

 

「目立つ」と言えば、この類稀な景観を見下ろす高層建築・・・を想像するかも知れないが、このホテルの「目立ち方」は、全く逆だ。

22万坪という広大な敷地に配置された建物は、なんと全棟が「平屋」なのである。

 

しかも、この広大な敷地にして、客室はわずか10室。

全棟が独立棟に近い離れのような構成で、レストランやダイニング、エステサロンなど、施設内の供用部分とは「遊歩道」で結ばれている。

 

さらに、この「遊歩道」があるにもかかわらず、各客室棟からダイニングまでは、敷地内を走るリムジンで送迎するという。

乗車時間は僅かであろうが、この「徹底ぶり」には、恐れ入った、という感じだ(笑)。

 

 

個人的には、高級リゾートホテルにありがちな、「ラグジュアリー」「ゴージャス」「リッチ」などという表現にはうんざりしているのだが、このホテルに関しては、十分に「高級」であるにもかかわらず、そうした「いやらしさ」のようなものを殆ど感じないのである。

 

もちろん、周囲を圧するような高層建築ではなく、エントランスを見る限り、その奥に何が広がっているのか分からない?ような構図がそうさせている部分もあるだろう。

 

しかし、そうさせているのは、建物の配置と構図だけではなさそうだ。

 

それぞれの客室は、高級ホテルらしく、広くゆったりした間取りではあるものの、パッと見、シンプルでゴテゴテした感じが無く、かと言って決して貧相ではない、なんとも肩肘を張らない落ち着きが感じられる。

 

ダイニングは、昭和初期に建てられた旧財閥の別邸を移築した、築80年の有形文化財。

そこで供される料理は、口コミ(これも全てはアテにしていないが)を見る限り、ハコに相応しい内容のようではある。

 

鳴門はこれまでにも何度か訪れているので、「圧巻の景観」それ自体については既に「体感済み」ではあるのだが、このホテルから望む「圧巻の景観」は恐らく、全く別のもの?になることだろう。


詳細・予約は
鳴門パークヒルズ ホテルリッジ

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 徳島県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/390 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM