関西では当たり前?格安近距離切符の自動販売機。 【2017年08月 大阪府高槻市】
2017.10.12 Thursday 00:00

阪急高槻市駅近くの商店街にて。

首都圏では殆ど見かけない、格安近距離切符の自動販売機を発見した。


恐らく、阪急やJR回数券をばら売りしているのだろうが、自販機による無人販売とは言え、仕入れ値?を考えたら、これで商売が成り立つこと自体、少々驚きだった。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 大阪府高槻市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.506】 乱発し過ぎ?「世界遺産」というお墨付きの限界。
2017.10.11 Wednesday 00:00

2017.10.11

近年、この国では(というより世界的に?)様々な建造物や街並み、文化伝承などを「世界遺産」へ登録する動きが盛んです。

 

確かに、観光資源の世界的な認知度向上という点で、世界遺産登録へ向けた動きは、自治体や政府などからすれば、当然と言えば当然の動きでしょう。

 

しかし、以前から予想されていたことではありますが、この世界遺産登録、様々な問題が露呈してきています。

 

よく言われているのは、登録数自体の「乱発」。

 

〇〇デザイン賞や〇〇コレクションなど、明らかに受賞数や登録数が増え過ぎて、その価値が明らかに低下している例は世界遺産に限ったことではありません。

 

「一定の基準さえ満たしていれば、登録数に制限無し」という原則自体は悪いことではありませんが、当然、「希少性」は減退します。

 

とくに観光資源の場合、「希少性」は大きな武器になりますから、その認定数や登録数が少なければ少ないほど、お墨付きの「神通力」は強くなりますよね。

 

そして「やはり」と言うか、これまた予想された事態が起こってしまいました。

 

「世界遺産登録」が一種のゴールとなってしまい、登録直後は観光客が激増したものの、ブームはあっと言う間に去り、短期間で観光客が激減したところも出始めました。

 

一方、欧州などでは「開発か保護か」といったジレンマが生じ、開発に舵を切った結果、世界遺産登録が「抹消」された例も出ています。

 

ただ、その登録が「抹消」されたところでは、観光客は減るどころか、逆に増えているとのこと。

 

歴史的観光資源の利活用は、世界遺産が基準としている「保護」とは、必ずしも相いれないことが分かってきました。

 

さて、そうなると、あらためて議論が必要となるのは、世界遺産基準による「保護」か、それ以外の枠組みでの「保護」のどちらが地域にとってより「有利か」という点です。

 

このお話の続きは、次回以降にしたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
上田駅で出発を待つ「丸窓」電車。 【2017年07月 長野県上田市】
2017.10.10 Tuesday 00:00

上田電鉄の始発・上田駅にて。

高架の1面1線のシンプルなホームで、出発を待つ別所温泉行きの電車。

恐らくは、かつて東京で走っていた車両だろうが、ドア付近窓の部分だけ「丸窓」となっているのが印象的。

 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

| まちおこし編集長 | 長野県上田市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 東郷湖へ突き出した岬の先端と、橋ひとつで繋がった「出島」。「千年亭」は、キャッチフレーズどおりの「湖上に浮かぶ絶景の宿」。 鳥取県湯梨浜町
2017.10.06 Friday 00:00

【PR記事 2017.10.06 一度は泊まってみたい宿】
東郷湖へ突き出した岬の先端と、橋ひとつで繋がった「出島」。「千年亭」は、キャッチフレーズどおりの「湖上に浮かぶ絶景の宿」。 鳥取県湯梨浜町


 

ごく稀にではあるが、「平面上の地図」でその位置を確認しただけで、「思わず泊まってみたくなる宿」がある。

鳥取県湯梨浜町の「はわい温泉」にある千年亭もそのひとつだ。

 

「平面上の地図」だと、この宿は、東郷湖に突き出した岬の先端と橋ひとつで繋がった「出島」にある。

出島のすぐ手前には、同じく敷地内に小さな出島を有する望湖楼という宿があり、そのキービジュアルから広く知られるところとなったが、さらにその先にある千年亭は、宿の敷地全体が「島」だ。

この「唯一無二」の立地は何物にも替え難い。

「湖上に浮かぶ絶景の宿」というキャッチフレーズに、嘘偽りはないのである。

 

とくに、千年亭の横長に大きな窓がある角部屋からの景観は、まさに湖上に浮かぶ船そのものだ。

大浴場や露天風呂からも、湖と一体化したような眺望が体感できるように設計されている。

 

夕食には、松葉ガニや白イカ、鳥取和牛オレイン55などを使用した、華やか料理が並ぶ。

朝食では、シティホテルのオムレツならぬ、目の前で焼く「出し巻き卵」が食欲をそそる。

 

また、変わったところでは、敷地内には屋内ゲートボール場「オレンジ球場」があるほか、芝居小屋「三匹のこぶ座」などがあり、「出島の立地」以外にも「唯一無二」な部分も多い。

 

 

 

ちなみにこの宿、「千年」を謳っているが、その歴史は思いのほか新しい。

同館の初代当主が東郷湖の湖中より源泉を発見したのは約140年前、出島で同館を創業したのは約120年前。

何れも100年超が経過しているので、老舗と言えば老舗なのだが、ご承知のとおり、この国の温泉史からすれば、決して古い部類ではないのである。

 

なお、同館がある「はわい温泉」は、平成の大合併で湯梨浜町の一部となったが、それ以前は羽合(はわい)町という自治体に属していた。

かつては「新東郷温泉」と称し、自治体の名称に合わせ「羽合温泉」に改称、さらに近年になって「はわい温泉」に改称している。

 

「羽合」という地名自体は、それなりの歴史や由来ががあるものの、その読み方から「鳥取のハワイ」として話題になったこともあり、言わば対外的な観光アピールのために改称した格好だ。

 

さらに、少々マニアックな見方だが、この温泉の「倉吉市との位置関係」にも興味惹かれる。

 

JR倉吉駅からはわい温泉までは、送迎バスや路線バスで10分程度。

倉吉市の市街地はエル字型に南北に細長く、その市街地の北端からはわい温泉までは目と鼻の先だ。

 

かの有名な城崎温泉でさえ、平成の大合併で隣接する豊岡市に飲み込まれてしまったが、旧羽合町は、倉吉市への「編入」ではなく、湯梨浜町という「町村連合」を選択した。

 

比較的短期間で数奇な?運命をたどったはわい温泉と、その中でも異彩を放つ千年亭。

やはり一度は泊まってみたい宿である。


詳細・予約は
千年亭
 

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 鳥取県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
終着駅らしくない?名鉄三河線・猿投駅。 【2017年04月 愛知県豊田市】
2017.10.05 Thursday 00:00

名鉄三河線の終点・猿投駅にて。

随分と中途半端な場所で路線が途切れているように見えるが、2004年まではこの先の西中金まで線路が延びていた。

駅構内には車両基地があり、本数もそこそこ多い。

駅周辺も都市近郊の住宅街といった感じで、思い描いていた「終着駅」という雰囲気はしなかった。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 愛知県豊田市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/404 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM