【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 標高1,000m、スキーリゾートにして東北屈指の?避暑地に建つ「ホテルプルミエール箕輪」。バブルの名残りも歴史的遺産?  福島県猪苗代町
2018.02.16 Friday 00:00

【PR記事 2018.02.16 一度は泊まってみたい宿】
標高1,000m、スキーリゾートにして東北屈指の?避暑地に建つ「ホテルプルミエール箕輪」。バブルの名残りも歴史的遺産?  福島県猪苗代町

 


この国で「避暑地」と言えば、長野県の軽井沢の知名度のみが突出して高い。

もちろん、国内で避暑地とされている場所は、軽井沢以外にもいくつか存在はしている。

しかし、名だたる名所が無数にある温泉や、同じくブランド力のある施設が多数存在しているスキーリゾートに比べ、避暑地というカテゴリーに関しては、王者・軽井沢とそれ以外の場所では、知名度の格差は大きい。

逆を言えば、避暑地というコトバに高貴なイメージが漂うのは、温泉やスキーリゾートに比べ希少性が高く、しかも避暑地=軽井沢というイメージが浸透しているからであろう。

 

こうした中、一部のスキーリゾートの中には、夏のシーズンを避暑地として売り出しているところもある。

もちろん、スキーリゾートだからと言って夏場が必ずしも涼しいとは限らないし、そもそもがスノーシーズンに合わせて造営された施設のため、軽井沢のようなイメージに近づけるのは難しい。

 

その点、標高1,000m、磐梯高原にあるホテルプルミエール箕輪は、東北の軽井沢?に相応しい雰囲気を漂わせている。

ホテルの眼の前には箕輪スキー場があり、施設としては間違いなくスノーリゾートなのだが、宿泊予約サイトを見る限り、トップ頁を飾る謳い文句は、スキー場ではなく、あくまでも「避暑地のリゾート」だ。

 

 

実際、このホテルが建つ場所は、猪苗代磐梯地区でも屈指の涼しさで、8月の最高平均気温でも25℃。

暑い日でもカラッとして過ごしやすいことをアピールしている。

 

そして何よりも、「高貴な避暑地」のイメージを彷彿とさせるのが、キービジュアルにもなっている吹き抜けのロビーであろう。

3階建ての低層の建物の中央に突如、これだけボリューム感のある空間が出現する設計には驚くに違いない。

使い古された表現にはなってしまうが、まさに「映画のワンシーンのような世界」なのである。

バブルの名残りとも言えるが、今やバブルの名残りは、大正ロマンや昭和元禄に続く、歴史的遺産だ(笑)。

 

正直、「一般的な高級リゾートホテル」として捉えれば、それ以外に際立って目立つ特徴があるワケではない。

 

しかしそれでも、スキー場のあるホテルに泊まって「スキーをやらない」、ゴルフ場の中にあるホテルの泊まって「ゴルフをやらない」、テーマパーク隣接のオフィシャルホテルに泊まって「テーマパークに行かない」、空港直結のホテルに泊まって「飛行機に乗らない」という、あまのじゃくを性分とする自分からすれば、スキー場が眼の前にありながら、真逆のシーズンの避暑地を全面に押し出しているこのホテルには、なにかシンパシーのようなものを感じてしまうのであった(笑)。

 

宿泊予約は
ホテルプルミエール箕輪


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 福島県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊勢崎駅前から、県境を超えて本庄駅前へ向かう路線バス。 【2017年12月 群馬県伊勢崎市】
2018.02.15 Thursday 00:00

JR両毛線・東武伊勢崎線の「伊勢崎」駅前にて。

県境を超え、埼玉県の本庄駅へ向かうバスが発着する。


伊勢崎から東京方面へ向かう場合、JR両毛線も東武伊勢崎線もかなり遠回りとなるため、このバスで本庄駅から東京方面へ向かう人も多い。

 


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 群馬県伊勢崎市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.538】 由利高原鉄道で始まった、やや複雑な?無人駅の利活用。この手法は全国に「伝播」するのか?
2018.02.14 Wednesday 00:00

2018.02.14

このサイトでは前回、貸切列車は1人でも利用可能?第三セクター鉄道の「飛躍的な増収策」は貸切列車か。というつぶやきを、また、昨年11月には全国で増え続けるドミトリー(相部屋)形式のゲストハウス。次に来るのは無人駅のゲストハウス化か?というつぶやきを掲載しました。

 

実は先週、弊社のニュースサイトでは、この2つのつぶやきに関連して、「そのものズバリ」という内容ではないのですが、それに近いニュースを掲載しています。

 

由利高原鉄道、「鳥海山 木のおもちゃ美術館」開館に合わせ、クラウドファンディングで「一口駅長」の募集を開始 秋田県由利本荘市

 

このニュース、その内容はやや複雑で、沿線にある国の登録有形文化財「旧鮎川小学校」の木造校舎を由利本荘市が改修し、2018年7月に「鳥海山 木のおもちゃ美術館」として開館するのに合わせ、同美術館最寄りの「鮎川」駅周辺を「おもちゃ駅」として整備するというもの。

同鉄道が車両を提供し、同市が列車を改装する「おもちゃ列車」の準備も進めるとしています。

 

しかも、この「鳥海山 木のおもちゃ美術館」、「東京おもちゃ美術館」3つめの姉妹館として開館するもので、東京の法人が関与しているほか、駅周辺の整備についても、同鉄道がクラウドファンディングで資金を捻出。

 

鉄道会社だけでなく、行政や関連する法人、出資者など、様々な主体者や出資者が複雑に入り組んでいる感じがします。

 

ただ、この、一筋縄ではいかない?関係の良し悪しは別として、無人駅の有効活用や、特別列車の運行(貸切列車かどうかは不明)という点では、やはり前述の2つのつぶやきに符号するように思いました。

 

沿線・最寄りの観光施設などと連動し、駅舎をゲストハウスに改修、その資金をクラウドファンディングで捻出、その観光施設や駅舎(=ゲストハウス)と連動した貸切列車を運行、というストーリーは、思った以上に「現実的」なのかも知れませんね。

 

一応、念のため言っておきますが、資金の捻出の部分で、出資者の「善意」を前提としたクラウドファンディングのみに頼り切る手法は、個人的にはあまり賛成しません。

 

とは言え、それまで「公共施設」との抱き合わせくらいしか方策が無かった無人駅の利活用が、由利高原鉄道以外の第三セクターに「伝播」することは、大いに期待したくなりました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
時代劇のセット?のような街並み。 【2015年08月 大分県杵築市】
2018.02.13 Tuesday 00:00

古い町並みが広がる杵築市の中心部にて。

高低差のある地形に広がる家並や道は、まるで時代劇のセットのよう。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 大分県杵築市 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 1998年、長野冬季オリンピックの「本部」が置かれた「ホテル国際21」。「歴史の表舞台」を降りた今も、淡々と刻み続けられる新たな歴史。 長野県長野市
2018.02.09 Friday 00:00

【PR記事 2018.02.09 一度は泊まってみたい宿】
1998年、長野冬季オリンピックの「本部」が置かれた「ホテル国際21」。「歴史の表舞台」を降りた今も、淡々と刻み続けられる新たな歴史。 長野県長野市


 

一度は泊まってみたい宿のカテゴリーのひとつに、「歴史の表舞台になった宿」というものがある。

何を以てして「歴史の表舞台」と言うのかは、様々な考え方があるだろう。

 

ただ、それがオリンピック開催期間中に「本部」が置かれたホテルとあらば、それほど遠くない過去の大会であったとしても、そこは十分に「歴史の表舞台」だった場所と言える。

もちろん、そこは熱戦が繰り広げられた競技会場そのものではないのだが、巨大イベントの「司令塔」として、期間中は様々な「熱い想い」が、館内一杯に飛び交っていたはずだ。

 

正直、オリンピックなどのスポーツイベントは好きではない。

 

しかし、スポーツイベントに限らず、巨大イベントの「宴の後」には、そこはかとない魅力を感じてしまう。

既に歴史的使命を終え、〇〇記念館といった形で過去の遺産を「展示」する施設ではなく、「歴史の表舞台」から降りた後も現役の宿として淡々と営業している姿には、妙に惹かれるのである。

 

 

長野市中心部、県庁に隣接した一画に建つホテル国際21は、1998年長野冬季オリンピック開催時に「本部」が置かれた場所だ。

その建物は当時、長野市内のホテルでは最高層だった16階建。

縦に細長いその形状は、まさに本部(=司令塔)なのである。

もちろん、館内には複数のレストランや宴会場、結婚式場などがあり、フルセットのサービスを提供するシティホテルだ。

 

ただしこのホテル、最初から「タワー」だった訳ではない。

1969年の開業時は専業の結婚式場で、複数あるホテル棟は、あとから増設していったものだ。

現在のタワー棟は、オリンピックを翌年に控えた1997年に開業した。

実はこのホテル自体、オリンピックという「歴史の表舞台」に立つ以前から、「それなりの歴史」を刻んていたのである。

 

現在、このホテルの館内にどれだけ「オリンピック開催時の空気」が流れているのかは分からない。

 

しかしそれでも、「それなりの歴史」を刻んてきたこのホテルが、ほんの一瞬だけ「歴史の表舞台」に立ち、宴の後も再び「それなりの歴史」を刻み続けていることに、興味・関心を抱かずにはいられなかった。

 

宿泊予約は
ホテル国際21


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 長野県 泊まってみたい宿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/421 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
  • 特急あずさの車内販売で、スジャータのアイスクリーム。 【2010年7月 特急あずさ車内】
    太郎 (09/23)
  • 【PR記事 一度は泊まってみたい宿】 2012年9月オープン。宮崎のマチナカに登場した隅研吾作品「ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート」。 宮崎県宮崎市
    ふちがみかなこ (09/16)
  • 少しだけ、ホッとする並木道。 【2013年5月 茨城県つくば市】
    ダージリン紅茶通販のティチャイ (08/11)
  • この一画も再開発で変わる?福山駅前の一画。 【2009年12月 広島県福山市】
    紅茶通販茶専科ティチャイチャイ (06/07)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM