【編集長のつぶやき vol.595】 路線バスの存在を「完全無視」する某観光施設。両者の「不協和音」はいつまで続くのか。
2018.09.13 Thursday 00:00

2018.09.13

当サイトでは、ほぼ1年前、【編集長のつぶやき vol.501】 「路線バス」で宿泊施設にたどり着く行為は「マニア」の域なのか?宿泊施設の「交通表記」には改善の余地あり。というつぶやきを掲載しました。

 

その内容は、多くの宿泊施設では、宿に至るまでの路線バスの案内があまりにもお粗末、というお話です(詳細は飛び先をご覧下さい)。

 

しかし今回は、記事作成の段階で、かなり「ヒドい」例に出くわしてしまいました。

 

それは、宿泊施設を併設した道の駅なのですが、都市と都市を結ぶ幹線道路に面した立地で、眼の前に施設名を冠したバス停があるにもかかわらず、施設のホームページにも、宿泊予約サイトにも、その「存在」すら記されていません。

 

地図上でバス停の存在は確認できたので、バス会社のホームページで調べたところ、そのバス停に停車する路線は、運行本数は決して多くはありませんが、「使えない」と言うほど少ないワケではなく、しかも県庁所在地のバスターミナル・空港と最寄りの「まち」を結ぶ、言わば幹線系統の路線でした。

 

もちろん、道の駅だけに、大多数の人はマイカーで訪れるのは分かります。

 

とは言え、多くの観光施設などでは、環境問題や交通渋滞の回避、酒気帯び運転の撲滅といった観点などから、「なるべくマイカーを使用せず、公共交通機関を利用しましょう」と謳っているはず。

 

路線バスの利用者がいくら少数派とは言え、眼の前にあるバス停の存在を無視したこの「仕打ち」は、一体何なのでしょうか?

 

また、バス会社のホームページ上の時刻表には、同バス停の時刻は一応記載はされているものの、積極的な案内はありません。

 

また、上述の前回のつぶやきでも触れていますが、多くの路線バス会社のホームーページは、使い勝手が悪く、目的地までの「足」を確認することは、地図やバスに精通した「マニア」ではない「一般の人」には至難の業です(ちなみに、今回の事例で取り上げたバス会社は、まだ相当にマシな方)。

 

結局のところ、「公共交通機関を使って観光施設に行く」という目的を果たすためには、サービス提供の当事者である宿泊施設でもなくバス会社でもなく、多くの場合、第三者である「検索ナビ」に頼らざるを得ないのです。

 

ヨソからの観光客を含め、乗客を少しでも増やそうというのなら、せめて、最寄り駅やバスターミナルから当該観光施設に至る路線くらい、運賃を含め、直感的に理解できる頁や検索のフックを用意する必要があるのではないでしょうか。

 

また、少子高齢化が止まらない日本で、眼の前にバス停があるのに、「自力でマイカーを運転できる人」以外への案内は一切ナシ、という観光施設の対応にも、首を傾げざるを得ません。

 

この「問題」に関しては、路線バス会社にも、観光施設にも、まだまだ相当に「改善の余地」はありそうですね。

って言うより、両者に対しては、「ちゃんと普通に仕事しろ!」というのが本音です。

 

弊社のニュースサイトやPRサイトでも、早く「ちゃんと普通に仕事をしている好例」を紹介したいと思いました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.594】 今度こそ普及するのか?宿泊業界でのユニバーサルデザイン。
2018.09.11 Tuesday 00:00

2018.09.11

このサイトではしばしば、(主に観光・宿泊産業の分野で)いずれこうなるだろう、という予測めいたお話しをつぶやいているのですが、それらの多くは、半年から1年後に、なんらかのカタチで現実のものとなっています(笑)。

 

しかし、「かくあるべき」という意味合いもこめて「予測」したものの中には、今なお実現していない領域が、ひとつだけありました。

 

それは、いわゆる主に宿泊産業におけるユニバーサルデザインの普及です。

 

もちろん、宿自体のバリアフリー化や、バリアフリールームの一部設置など、ユニバーサルデザインの前段階とも言える対応については、以前に比べれば、ある程度は進んだと言えるでしょう。

 

ただ、ユニバーサルデザインが最終的に目指すものは、一部の人のための「特殊仕様」ではなく、だれでもが利用できる仕様としての「一般化・標準化」です。

 

【編集長のつぶやき vol.465】 そろそろ、「全室ユニバーサルデザイン」という宿が登場してもよさそうなのですが。。。

 

上記のつぶやきから1年以上が経過していますが、2018年9月現在、こうした宿泊施設が開業しました、とか、計画中といったニュース素材は入ってきていません。

 

そんな中、大手内装会社が、宿泊施設への「提案」として、新な協業を開始しました。

 

【ニュース】 丹青社とミライロ、ユニバーサルデザインの空間づくりに向け協業、ワンストップでホテル・宿泊施設のユニバーサルデザイン化をサポート 東京都港区

 

今のところ、こうした「提案」がどの程度、宿泊施設に受け入れられるのかは未知数です。

 

背景には、2020年のオリ・パラに備え、ユニバーサルデザインを取り入れた宿泊施設の整備が必要、というある種の圧力もあるでしょう。

 

とは言え、業界の内外から、こうした動きが出始めたことについては、多少なりとも期待したいと思いました。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.593】 多くの人が憧れる「旅をしながら働く」という人生。
2018.09.06 Thursday 00:00

2018.09.06

先日、弊社のニュースサイトで、少々気になるニュースを掲載しました。

 

Little Japanと芸術家の村、ゲストハウスに無料で泊まり、働き、地域の人と関わりながら全国を旅できるサービス「move about」の提供を開始 東京都台東区

 

このニュースを見た人の中で、ある年齢層よりも上の世代の人は、「今さらなにを」と思ったに違いありません。

 

無料で泊まり、そこで働く、という旅のスタイルは、ユースホステルやとほ宿などで、いわゆる「居候」や「ヘルパー」と呼ばれていた人そのもの。

 

また、北海道のライダーハウスでは、昆布干しの手伝いやお土産屋さんでの売り子をしながら「旅」をしていた人は珍しくありませんし、沖縄のキャンプ場ではサトウキビ畑で短期間働きながら「旅」をしていた人の話だって、普通に聞いていました。

 

なお、これらと似て非なるものに「リゾートバイト」というものがありますが、これとて、ある意味、旅人との「雇用契約」を厳格にしただけ、と言えなくもありません。

 

さて、今回のニュースでリリースされたサービスは、「1日からでも働ける」という点が特徴らしいのですが、これとて、個人的には北海道の民宿で「1日だけ働いた」という、経験はあります。

また、投宿したいくつかのライダーハウスでは、季節労働的な「1日だけのアルバイト」の募集も結構ありました。

 

もちろん、「あの当時」と現在では状況が異なりますから、ある年齢層よりも上の世代による「昔話」を押し付ける気はありませんが、このスタイルの「旅」を提供するサービスを本格的に始めるのならば、もう一捻り、欲しいところですよね。

 

ちなみに、弊社のPR記事掲載サイトでは、こんな記事を掲載していたことを思い出しました。

 

【PR記事 北海道千歳市】 「宿主」が夫から妻へ交代?「ゲストハウスアンドバー フリーダム!!」が「新千歳ゲストハウスYURIN」としてリニューアル。

 

この宿では、2017年5月19日の記事掲載時点で、宿泊予約サイトには、1泊1円の「業務体験プラン」という宿泊プランが設定されていました(現在はプラン掲載無し)。

 

旅の過程で、宿の関係者を含む地元の人と交流しながら「宿代+飯代が浮く」と考えれば、どこまでが「体験観光」なのかは微妙なところですが、実際のところ、単純に「時給換算」すると、そこにはけっこうキツイ現実が待っています。

 

ただ、個人的には、若い時期にこうした「旅をしながら働く」経験をすることは、必ずしも悪いことだとは思いません(むしろ推奨したいくらいです)。

 

問題は、それが先々、いかにして本当の「生業」に繋げていけるのか?ということでしょう。

 

この話題についても、続報が入り次第、つぶやきたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.592】 地方私鉄による「手堅い」ホテルチェーン展開。静岡鉄道はその先進例か?
2018.09.04 Tuesday 00:00

2018.09.04

弊社のニュースサイトでは今年3月、【編集部取材】 大手私鉄に続き、地方私鉄も宿泊特化型ホテル事業に進出。ホテルは鉄道を支える「柱」となるのか? 福井県福井市という記事を掲載したのですが、記事中でも若干触れたとおり、静岡鉄道が県外初出店となるホテルを先日、福岡市にオープンしました。

 

【PR記事】 静岡鉄道、静岡県外初出店となる「静鉄ホテルプレジオ博多駅前」をグランドオープン、朝食レストランには静岡茶と八女茶の飲み比べコーナーなどを設置 福岡県福岡市

 

 

県外第一号店となる出店場所が、東京でも大阪でも京都でもなく、遠く離れた福岡というのは、少々意外に思われるかも知れません。

ただ、福岡ホテル事情札幌のホテル事情に限れば、近年、イベント需要やインバウンド需要の増加に客室数のキャパが追いついていないとの指摘もあり、静岡鉄道に限らず、業界各社が「狙い目の市場」と捉えていることは間違いないでしょう。

 

もちろん、福岡にしろ札幌にしろ、地元資本のホテルが自らの市場を「草刈り場」にされることをよしとするワケはなく、当然、「迎え撃つ側」もそれなりに?対決姿勢を示しています。

 

さて、今回のニュースは、地方の私鉄が「ホテルを多店舗展開、しかも沿線を遠く離れた県外でも」という点では話題性のあるニュースでしたが、ただ単に「地方発のホテルチェーンの展開」と捉えれば、実はそれほど珍しいことではありません。

 

例えば、全国で300店舗超を展開するルートインは長野県上田市発祥(現在の本社は東京)ですし、比較的早い時期に宿泊特化型のビジネスホテルチェーンを展開したアルファーワンも富山の会社です。

 

また、九州を中心とする西日本で近年、急速な多店舗展開を図っているホテルAZも、本社は大分市。

さらに、全国区ではないにしても、中国地方や東海地方、北陸地方など、特定の地方の比較的広い範囲で他店舗展開を図っている「ローカル大手」のホテルチェーンも存在します。

 

ある意味、宿泊特化型のビジネスホテルは、地理的に水平展開し易いビジネスモデルなのかも知れません。

 

とは言え、既に先行ホテルが多数ひしめく市場にあって、ありきたりの「金太郎飴型の宿泊特化型ホテル」では、築年が新しいうちはよいでしょうけど、いずれ露骨な価格競争の渦に巻き込まれます。

 

その点、静岡鉄道の「静鉄ホテルプレジオ」シリーズは、昨今多くの宿泊特化型ホテルが採用しはじめた「洗い場付きのバスとトイレを分離した間取り」など、先鋭的な造り込みを比較的早い段階から導入していました。

 

今回オープンした福岡のホテルでも、こうしたゆとりある間取りに加え、室内灯の光色(電球色・昼白色・常夜灯)を好みに合わせて調整できる仕組みを導入するなど、派手さはありませんが、細かな部分で独自の商品造りが行われています。

 

同じく、昨今では多くの宿泊特化型のホテルが朝食で提供し始めている「地域色・郷土色のあるメニュー」についても「手抜かりなく」提供しているほか、静岡茶と八女茶の飲み比べコーナーなども設置するなど、「静岡鉄道ならでは」の企画も打ち出しており、宿泊特化型のホテルがひしめく福岡市にあって、やはり「かなり目立つ存在」に思えました。

 

もっとも、静岡鉄道の「静鉄ホテルプレジオ」シリーズは、今回の福岡を含めてもまだ4店舗。

近年、大手私鉄が急速に展開している宿泊特化型のホテルチェーンに比べれば、規模的な存在感は小さいかも知れません。

 

しかし、個々のホテルの存在感自体は、決して小さくないと思いました。

 

地方私鉄のこうした「手堅いホテルチェーン展開」には今後も期待したいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【編集長のつぶやき vol.591】 WILLERがJR北海道の運営の一部を担う第一歩?釧網線でレイル&パスを発売。
2018.08.30 Thursday 00:00

2018.08.30

このサイトでは、危機的状況にあるJR北海道について、過去に何度か思いつきで断片的なつぶやきを掲載してきました。

 

例えば、ホテルなどの関連事業以外の「本業」に関連するつぶやきは以下のとおりです。

 

【編集長のつぶやき vol.419】 JR北海道の「維持困難路線」ショック。問題は域内移動と都市間輸送の2本立て?

 

【編集長のつぶやき vol.446】 危機に瀕するJR北海道。実は、想像以上に小さな「値上げ」で救うことができる?

 

【編集長のつぶやき vol.447】 危機に瀕するJR北海道。大部分を「観光収入」に依存する大井川鐵道に再生のヒントはあるだろうか?

 

【編集長のつぶやき vol.448】 危機に瀕するJR北海道。観光・リゾート事業者などが本気で「再建」に乗り出す可能性は?

 

【編集長のつぶやき vol.450】 観光列車は、他の路線から「孤立無援」でも成り立つ?その「可能性」と「危うさ」。

 

そして先日、これらのつぶやきの流れに沿うかのような(笑)ニュースがありました。

 

【PR記事】 WILLER、JR北海道の釧網線で「Eastern Hokkaido Nature Pass 北海道縦断絶景レイル&パス」を設定、摩周レストランバス、知床探検バスをセットにした旅行スタイルを提案 北海道釧路市

 

これはWILLERという「旅行会社」が仕掛けた「単なる旅行商品」ではありません。

WILLERと言えば、ご存知のとおり、第三セクター・北近畿タンゴ鉄道の運営を手掛ける「京都丹後鉄道」の仕掛人でもあります。

 

今回発売するレイル&パスは、まだまだ限定的・試験的な段階であり、同商品に対応する貸切列車や特別列車を運行するワケではありませんが、WILLERと聞いて「やっぱり仕掛けたか」と思った人も少なくないはず。

 

なおこの商品、JRの特定の線区の「フリーパス」ながらも、JRの窓口では購入できず、WILLERという旅行会社でしか購入できない商品となっています。

 

言わば、WILLERがJR北海道の運営の一部を担う第一歩?と言えるかも知れません。

 

もちろん、当サイトの過去のつぶやきでもお話ししたとおり、過疎地域を走る長大なローカル線・釧網線を「観光収入」だけで維持できるとは思えませんし、仮に「大井川鐡道方式」のビジネスモデルが成立するにしても、かなりの「値上げ」は必須と言えるでしょう。

 

ただ、JR北海道が、WILLERや日本旅行(こちらは同じ北海道の第三セクター・道南いさりび鉄道の観光列車の実績あり)といった集客力のあるプレイヤーに思い切って運営を任せる、という選択肢は、さほど「非現実的」ではないような流れになってきました。

 

観光収入で「生活路線」を維持するという収益構造の是非はさておき、その新たなプレイヤーが旅行会社・バス会社であっても、観光・ホテル事業者であっても、場合によっては航空会社であっても、前向きにとらえて良いのではないでしょうか。

 

この動きについては、続報が入り次第、さらにつぶやきたいと思います。

 

ニュース投稿やご質問・ご相談はこちら

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| まちおこし編集長 | 編集長のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/62 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
  • 「分断」でスイッチバックになった松浦鉄道の伊万里駅。 【2018年12月 佐賀県伊万里市】
    nnr (08/30)
  • 座れる座席。赤はセーフ、緑はアウト? 【2019年05月 山梨県大月市】
    イサムトンコチュウ (07/05)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    高沢里奈 (03/27)
  • アーケード商店街のような?JR唐津駅高架下の商業施設。 【2018年12月 佐賀県唐津市】
    唐津駅 (03/27)
  • ハッピードリンクショップ??? 【2015年07月 山梨県都留市】
    haru (04/16)
  • 長野には立派な「地下鉄」がある?長野電鉄「長野」駅にて。 【2014年05月 長野県長野市】
    test (04/16)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    まちおこし編集長 (07/22)
  • 岳南電車の終点「岳南江尾駅」へたどり着く裏ワザ?沼津駅前から路線バスに乗車(1)。 【2015年07月 静岡県沼津市】
    yoshitomitakada (07/22)
  • 秋田杉で出来た、JR秋田駅前のバス停。 【2014年08月 秋田県秋田市】
    taic02 (08/28)
  • シビコ別館。ここにも昭和の栄華が。 【2010年12月 愛知県岡崎市】
    tt0138 (07/19)
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
スポンサーサイト
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM